亜細亜大の内間拓馬投手が巨人3軍を6回1安打無失点、巨人・DeNAなど8球団視察

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

亜細亜大が巨人3軍と練習試合を行い、プロ注目の150キロ右腕・内間拓馬投手が、6回1安打無失点の好投を見せた。

150キロ記録

内間拓馬投手は最速150キロの強い球を投げる右腕投手で、昨年に侍ジャパン大学代表入りしている。しかし、球威があるものの球が荒れる事が多く、日米大学野球でも活躍することはできずにいた。

しかし、この日の巨人3軍との試合では5回までノーヒットピッチング、6回に内野安打1本を許したものの、最速タイの150キロを記録したストレートと得意のスライダー、ツーシームで6つの三振を奪った。6回1安打6奪三振無失点の好投だった。

「直球の制球が今一つだったが、ゴロを打たせたいところで低めに変化球を投げることができた」と話す。荒れ球ではあるが、それを生かして変化球で抑えた。この日は8球団のスカウトが視察に訪れたが、横浜DeNAの河原スカウトディレクターは「落ち着いて丁寧に投げていましたね。ボールも強いし、緩いカーブやカットボール、落ちるボールも良かった。今後が楽しみです」と話した。

また巨人の脇谷スカウトも「強い真っすぐを投げ、変化球も自在に操っていた。穴が無い投手になってきた印象」と話した。

東京六大学で法政大の高田孝一投手や明治大の入江大生投手が成長をした姿を見せ、秋のリーグ戦次第でドラフト上位指名に入ってきそうだが、昨年からどれだけ成長をしているのか、秋のリーグ戦で見るのが最も楽しみな選手かもしれない。

2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

。8球団のスカウトの前で5回まで無安打。6回1死から内野安打を打たれたが、次打者を得意のスライダーで併殺に打ち取った。奪三振6、最速タイの150キロで6回無失点も「今日は変化球中心で打たせてとりました」と冷静だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント