大商大2年・伊原陵人投手が7回12奪三振1失点、146キロ記録

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

大商大の2年生左腕・伊原陵人投手が好投を見せている。この日も龍谷大を相手に7回3安打12奪三振1失点の快投を演じた。

スポンサーリンク

5者連続空振り三振

強豪・龍谷大戦に先発した2年生左腕・伊原陵人投手は、智弁学園時代に145キロの速球を投げて注目されていた投手。今シーズンはこの日も含めて全8試合のうち、先発・リリーフで7試合に登板をしている。

先発した井原投手は3回の先頭打者から5者連続で空振り三振を奪うなど、146キロを記録したキレの良いストレートとカットボールのコンビネーションが抜群だった。

「調子は良かった。チームが連勝するために先発を任された。そのためだけに投げました」と話し、「三振は数えてなかった。多分ストレートとカットボールで三振が多かったと思う」と振り返った。

170cmと上背はない左腕だが、ピリッとした球を投げる投手で、2年後のドラフト会議が楽しみ。

2022年度-大学生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

この日の最速は146キロをマークした。今季は8試合のうち、先発・中継ぎを合わせて7試合に登板する安定力。2年生ながら、勝つためには欠かせない戦力となっている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント