法政大、151キロ左腕の山下輝投手と150キロ右腕の三浦銀二投手が来年ドラフト上位指名候補

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

法政大は、151キロ左腕の山下輝投手と、150キロ右腕の三浦銀二投手の2枚看板で、来年の日本一を目指す。

スポンサーリンク

ともにドラフト上位候補

法政大は、今年のドラフト会議で鈴木昭汰投手が千葉ロッテのドラフト1位で、高田孝一投手が東北楽天のドラフト2位で指名された。そして、来年も151キロ左腕の山下輝投手と、150キロ右腕の三浦銀二投手がドラフト上位で指名される可能性がかなり高い。

山下輝投手は木更津総合出身で、高校時も140キロ後半の速球を投げる左腕として注目されたものの、なかなか実績を残すことができずに大学へ進学した。大学でも登板の機会が少なく心配されていたが、3年生となった今年、春季リーグ戦でリリーフとして4試合に登板し2勝0敗、5回を投げて防御率0.00と好投を見せた。秋のリーグ戦も4試合に登板し、0勝1敗だったが、6回を投げて9奪三振。防御率1.50と好投している。

151キロの速球と、今年の左腕エース・鈴木投手よりも高さの角度がある投球に、プロのスカウトも高く評価をしている。来年は左の柱として、鈴木投手のような投球が期待される。この日は練習納めとなったが、山下投手は「目標は日本一。新体制になるので自分たちがしっかり引っ張っていく」と自覚をしている。

また、150キロ右腕の三浦銀二投手もドラフト候補として注目される。三浦投手は福岡大大濠時代に140キロ中盤の速球で完成度の高いピッチングを見せ、2017年の侍ジャパンU18代表にも選ばれている。法政大では1年生の春から2勝0敗を記録し、2年秋までに8勝を挙げた。先発・リリーフで登板し、チームの大黒柱的存在だった。

しかし、昨年の秋頃から球のキレに若干の不安を見せ、今年は春のリーグ戦で2先発したものの0勝1敗、秋は0勝0敗、3回1/3のみの登板だった。三浦投手は「とても悔しい思いをしました。来年の目標は、チームは負けないこと。個人的には、防御率0点台で終えたい」と来年に向けての目標を語った。高校、大学での実績は十分評価されており、大学1年時の球が復活できれば、ドラフト上位で指名されるだろう。

法政大は毎年、全国から優秀な選手が入ってくる。来年に加藤監督が就任し新体制となるが、選手が4年間で成長をしている循環になってきており、ドラフト会議でもその結果が出てきている。三浦投手は1年時からの多かったが、1,2年は体作りとフォームづくりで、3年生になった選手から次々と頭角を表すような流れを作り上げたい。

法政大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年のドラフト候補
2021年のドラフト候補選手一覧です。1月17日のスポーツ報知のリストを反映しました。 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価サイトもご覧ください。
2021年ドラフト指名予想
 2021年ドラフト指名予想です。
法大が練習納め 来年ドラフト1位候補、151キロ左腕・山下「新体制で日本一」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 東京六大学の法大が20日、川崎市内の同大施設で年内の練習を終えた。
法大が練習納め プロ注目の三浦「来年は負けない」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
法大は20日、神奈川・川崎のグラウンドで今年最後の練習を終えた。退任する青木監督、銚子助監督が選手たちへ感謝と激励を伝え、選手たちからは花束などが贈られた。来… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント