日立製作所補強の東明大貴投手、146km/h記録し6回3安打1失点、阪神は10人で視察

社会人野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 都市対抗野球の6日目、第3試合では日立製作所がJR東海と対戦し、プロ注目の富士重工・東明大貴投手が日立製作所の補強選手として先発した。

 この大会のトリを務めるような形となった。ドラフト1位候補と言われるセガサミー・浦野博司投手やJR東日本・吉田一将投手などが140km/h前半のストレートと変化球のコンビネーションの投球を見せる中で、東明投手は146km/hを記録、制球が良くなく3安打3四死球とランナーを背負うピッチングが続いたが、1点で抑えてチームの勝利に貢献した。

 この試合には横浜DeNAや阪神のスカウトが視察し、阪神は10人体制で視察をする熱の入れようだった。横浜DeNA・高田GMは「今日はそこまで良くないようだけど、素材は素晴らしい」と評価した。

 阪神も含めオリックスなども高い評価をしており、2位までには指名されると見られる。東明大貴投手のプロでのピッチングが楽しみだ。

 今秋ドラフト1位候補で富士重工からの補強選手である日立製作所・東明(とうめい)は先発で6回1失点。最速146キロを計測した直球は威力十分ながら、四球から失点して制球に不安を残した。

 阪神がスカウト10人態勢で視察するなど各球団の熱視線を受けた右腕は、「注目されるのはありがたいけど、今は勝ち上がることだけを考えている。四球絡みの失点は反省点」と話していた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント