横浜DeNA、ドラフト1位の山崎康晃投手はリリーフも

山崎康晃

 横浜DeNAの中畑監督はドラフト1位で指名した山崎康晃投手を、リリーフで起用する可能性を示した。

外国人補強に関連

 横浜DeNAは中畑監督が山崎康晃投手を指名した際に、先発での起用も示唆していたが、その後は先発、リリーフなど適性を見て起用するという言い方になっていた。そしてこの日、外国人の補強次第では山崎投手を抑えとして起用する事も示唆した。

 横浜DeNAは現在グリエル選手の残留に向けて交渉をしている。今季はグリエル選手を獲得して以降、ローテーションのモスコーソ投手、ブランコ選手、バルディレス選手とグリエル選手に外国人枠を押しだされる形で、ソーサ投手や、ソト投手のリリーフ外国人投手を使うことができず、戦力外とした。

 グリエル選手が残留すればリリーフの外国人投手を獲得するのは難しく、日本人投手が中心となってくる。左腕では岡島投手などを候補として補強を目指し、抑えの右腕では国吉投手、三上朋也投手といった今年活躍した投手にもう1枚厚くするために山崎康晃投手を加えるようだ。

 もしグリエル選手が残留できなかった場合にはリリーフの外国人投手を獲得する可能性もあり、その場合は山崎投手は先発になる可能性もある。

 

リリーフの適正

 山崎康晃投手は亜細亜大時代にリリーフで素晴らしい成績を残している。3年時の日米野球や明治神宮大会ではロングリリーフをしたものの失点をしなかった。腕を振って強いストレートを低めに決め、鋭いスライダーで三振も奪える。

 逆に先発だと、ナックルなど緩いボールを使いたくなるようで、7回を投げて3点というように試合は作るもののピリっとした輝きはリリーフの時の方が光る。

 ただしリリーフは負担も多く長年務めるのは難しい。期待の若い投手がリリーフとして結果的に短い年数で終わってしまったりしては悲しいし、チームにとってもドラフト1位投手が短命で終わってしまう事はさけなければならない。

 山崎投手にはまずリリーフでプロでも活躍できる自信をつけ、その上で先発としてチームのローテーションを長年支える投手になってほしい。

山崎が抑え候補  日刊スポーツ紙面 2014/12/10

 


PAGE TOP