福岡ソフトバンク、唐津商・北方悠誠投手も上位指名!

北方悠誠, 唐津商, 武田翔太, 宮崎日大

ドラフト1位で宮崎日大・武田翔太投手を指名する方針を固めた福岡ソフトバンクだが、甲子園で153kmをマークした唐津商・北方悠誠投手も上位指名する方針であることが分かった。

北方投手には埼玉西武や横浜なども上位指名候補にリストアップしているが、

福岡ソフトバンクとしては、北方投手の父親が福岡ダイエーの中継ぎエースだった故・藤井将雄投手の後援会長だったこともあり、その縁からも獲得をしたいが、2位指名で福岡ソフトバンクの順番まで残っていることは考えにくい。特に埼玉西武は武田翔太投手の1位指名の可能性もあり、外れ1位で北方悠誠投手を指名する事も考えられる。北方投手を獲得するとすれば外れ1位でという事になりそうだ。

  • ドラ1 宮崎日大高 武田 「九州のダル」渡さん - 西日本新聞
  • 福岡ソフトバンクが27日のドラフト会議で「九州のダル」こと宮崎日大高の151キロ右腕・武田翔太投手(18)を1位指名する方針を固めたことが12日、分かった。若手投手の台頭もあり、即戦力から将来性重視のドラフトに方針転換。常勝ホークスのエース候補として、ダルビッシュ2世の呼び声高い大型右腕を最上位候補に絞り込んだ。また、今夏の甲子園を沸かせた唐津商高の153キロ右腕・北方悠誠投手(18)も上位で指名する方向。地元九州が生んだ剛腕コンビを両取りする。


    PAGE TOP