九州学院・大塚尚仁投手、7回ノーヒットノーラン!プロ10球団が視察!

中日ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース オリックスドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 九州学院の左腕・大塚尚仁投手が八代南・八代清流の合同チームと対戦すると初回から9者連続奪三振を記録するなど7回まで15奪三振、参考記録ながらノーヒットノーランを達成した。

 この試合には同じく九州学院でプロ注目の萩原英之選手、溝脇隼人選手もおり巨人、中日、東京ヤクルト、広島、阪神、横浜DeNA、千葉ロッテ、東北楽天、オリックス、埼玉西武の10球団のスカウトが視察に訪れていたが多くのスカウトの前での快投で評価が上がった。

 大塚投手は130km中盤のキレのあるストレートが特徴で今年の選抜大会では女満別戦で完封、大阪桐蔭戦では5回まで無失点に抑える好投を見せていた(試合は3-5で敗戦)。夏までに体重が4キロ増すと球速こそ130km中盤だがストレートで押せる球威が増したようだ。

 打者では溝脇選手が1番遊撃手で出場し4打数1安打1打点、萩原選手が4番センターで出場し4打数2安打2打点とこちらも安定した成績を残しプロのスカウトも良い印象を持ったことでしょう。

 

10球団スカウト集結!九州学院・大塚7回無安打15K - スポーツニッポン:2012/07/10

 KまたKの快投だ。春夏連続甲子園を目指す九州学院のエース・大塚が、7回参考ながらノーヒットノーランを達成した。9者連続を含む15奪三振の快投に「低めへの制球を意識して投げました。追い込んでからは(三振を)狙いました」と満足げに振り返った。

 

 初回は3者連続3球三振。3番打者が振り逃げで出塁も、続く打者から見逃し三振を奪い、1イニング4奪三振の珍記録をマーク。3回2死まで9者連続三振を奪うなど、最速138キロの直球とスライダーを主体に三振の山を築いた。許した走者は振り逃げと死球による2人だけ。ソフトバンク、日本ハムを除く10球団のスカウトが集結する前での快投だった。 全文はスポーツニッポンのサイトをご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント