オリックス、横浜隼人・宗佑磨選手の指名狙う

宗佑磨, 横浜隼人

 オリックスは横浜隼人高校の遊撃手・宗佑磨選手の獲得を狙っているようだ。

身体能力抜群の遊撃手

 横浜隼人の宗佑磨選手はとにかく身体能力の高い選手として、プロのスカウトから高い評価を受けている。チームのリードオフマンとして桐光学園の松井裕樹投手から2安打する打撃センスで出塁すると、50m5.8秒の足で相手をかき回す。また高校通算26本塁打の長打力もみせる。

 また守っても幅広い守備範囲があり、投手としても141km/hを記録する強肩も見せる。父がギニア人でもあり高い身体能力があるようだ。

 

二遊間が補強ポイント

 この宗選手に、オリックスが「高校生では群を抜いた身体能力」と評価しており、ドラフト会議で指名する方針であることがスポーツニッポンの調べで分かった。オリックスは二遊間を補強ポイントとし、この夏も徹底的に調査をしていたという。

 宗選手には北海道日本ハムの山田GMも「足も速いし素材はいい。上位もあるのでは」と話し、他にも二遊間が補強ポイントの球団は少なくなく、リストアップしている球団は多いとみられる。

 各球団の思惑もあり、ドラフト会議ではドラフト2位や3位などで指名されそうだ。

オリ、今秋ドラフト、ムネリン獲り - スポーツニッポン紙面 2014/9/13

 


PAGE TOP