中日、亜大・山崎康晃投手が1位候補に、28歳の室蘭シャークスの瀬川隼郎投手もリストアップ

飯田大祐, 山崎康晃, 亜細亜大, 遠藤一星, 高木勇人, 瀬川隼郎, 室蘭シャークス

 中日はドラフト1位で亜大の山崎康晃投手等をリストアップ、また下位でも室蘭シャークスの28歳左腕、瀬川隼郎投手等の即戦力選手をリストアップしているようだ。

即戦力路線

 昨年落合GMが就任して1年、いよいよ落合流の本格的なチーム作りが始まる。そしてドラフト会議ではドラフト1位で亜大・山崎康晃投手、明大・山崎福也投手、三菱日立パワーシステムズ横浜の野村亮介投手など即戦力投手の指名するようだ。

 その中で谷繁監督は「映像もちゃんと見てるよ。山崎も良くなってきたんでしょ」と話し、亜大の山崎康晃投手、または明大の山崎福也投手の名前を出したとみられる。山崎康晃投手は昨年までは大学トップクラスと評価されていたものの、この春はリーグ優勝に貢献したものの、昨年のようなキレのある球が見られず、秋も序盤戦は良くない投球が続いていた。

 しかし終盤に入り完投勝利を挙げるなど、元々持っている実力の高さを見せている。落合GMは山崎康晃投手について視察をしており、他球団の指名が薄くなってきたこともあって単独1位指名の可能性もある。

 

下位も即戦力

 また、ドラフトの下位でも社会人投手等も指名が続きそうだ。三菱重工名古屋の高木勇人投手の他、室蘭シャークスの28歳、瀬川隼郎投手もリストアップしている模様。

 瀬川投手は左腕から148km/hを投げ、都市対抗では初戦のJR東日本戦で8回7安打4失点も、7回まで0-1の好投を見せた。北海高校から室蘭シャークス入りして今年が10年目の28歳だが、力のある左腕として関係者も「年齢は高いけど面白い存在」と評価している模様。ちなみに当ページで行われた仮想ドラフトでは、昨年、今年と中日が指名をしている。

 他にも東京ガスの遊撃手・遠藤一星選手、ホンダ鈴鹿の飯田大祐捕手等も候補に入っている。落合流のドラフト会議で、投手も野手も即戦力で固めていくかどうか。

 中日は21日、ドラフト会議を前に、亜大の右腕・山崎康晃、明大の左腕・山崎福也両投手の“W山崎”を中心に1位候補を絞り込んだ。「(候補の)映像もちゃんと見ているよ。(亜大の)山崎もよくなってきたんでしょ」と秋季練習を視察した谷繁監督。22日のスカウト会議で、2人を中心に最善の選択肢を熟考する。

 中日ドラフト1位に最速151キロ右腕、亜大・山崎康晃投手(4年=帝京)を推す声が球団内で高まっていることが21日、分かった。

 瀬川は北海高から2005年に室蘭シャークス入りし、10年間チームの屋台骨を支えた。スリークオーターから繰り出す球の出どころは左打者から見づらい。「年齢は高いけど面白い存在」と関係者は評価。28歳という年齢を考慮しても、プロで通用すると判断した。


PAGE TOP