阪神、高松北・塹江敦哉投手を上位で指名へ

高松北, 塹江敦哉

 阪神はドラフト上位で、高松北の150km/h左腕・塹江敦哉投手を指名する方針であることをデイリースポーツが報じた。

CS優勝で

 阪神は近年はドラフト1位は即戦力、2位は将来性のある高校生選手を指名していた。しかし、リーグ戦では終始上位に位置していたものの終盤に失速してチーム内でも「ドラフト1位、2位も即戦力投手」という声も出ていたのが、CSで優勝した事、和田監督が来年も指揮を獲る事などから、当初の予定通りドラフト2位では高校生を指名するとみられる。

 そこで候補として浮上しているのが、高松北高校の150km/h左腕・塹江敦哉投手で、阪神はこれまでも塹江投手を高く評価してきている。

 

右の安楽、左の塹江

 四国では済美高校の安楽智大投手と共に、左の塹江と高く評価されている投手で、150km/hの速球を投げる左腕として阪神を始め、中日、オリックス、東北楽天なども注目をしていた。

 昨年までは制球難で四球を連発して大量失点する場面も見られたが、3年生になりコントロールも安定しつつある。また勉学の方も優秀で国公立大コースで学年トップクラスの成績であるという。プロ志望届けを提出しており、ドラフト会議では指名が濃厚で受験に臨む事は無さそうだ。

 

その他は即戦力投手を候補に

 2位で将来性重視の指名をするものの、即戦力投手の強化の方針は変わらない。ドラフト1位では有原航平投手を指名し、外れ1位でも即戦力投手の指名が有力。また3位以降でも三菱重工名古屋の高木勇人投手、新日鐵住金鹿島の石崎剛投手、東農大北海道の風張蓮投手、京都大・田中英祐投手などもリストアップしている。

 また隠し玉としてHonda鈴鹿の土肥寛昌投手の名前も出ている。土肥投手は最速149km/hの速球を投げて東洋大時代から注目されていた。しかし大学では藤岡貴裕投手などがおり藤岡投手が抜けた最終年はエースとして期待されたものの未勝利に終わってチームも2部降格となってしまった。

 しかし今年は都市対抗予選で6試合中5試合に先発すると、本戦でも2試合中2試合で先発をフル回転で登板した。本戦では沖縄電力戦では4回2/3で5安打2失点、JX-ENEOS戦では5回3安打2失点という内容となっている。

 

最速150キロ左腕・塹江、阪神隠し玉上位で高校生左腕指名 デイリースポーツ紙面 2014/10/22

 

 今オフは重点的に投手補強を狙う虎。ドラフトも同じだ。“隠し球”も即戦力投手-。MAX149キロ右腕、土肥寛昌投手をリストアップしていることが、わかった。

 1メートル81、85キロの恵まれた体格から投げ込む威力あるストレートが武器。変化球もスライダー、フォーク、カーブ、シュートなど多彩な本格派だが、中継ぎとしても力を発揮できる右腕だ。


PAGE TOP