この日もルーキーが続々入寮、ドラフト1位では東京ヤクルト・杉浦稔大投手、巨人・小林誠司選手、阪神・岩貞祐太投手、横浜DeNA・柿田裕太投手など

小林誠司, 岩貞祐太, 杉浦稔大, 柿田裕太

 2013年のドラフト会議で指名を受けた選手が、この日も続々と入寮をしている。ドラフト1位指名選手では東京ヤクルトの杉浦稔大投手、巨人・小林誠司選手、阪神・岩貞祐太投手、横浜DeNA・柿田裕太投手などが入寮を済ませた。

 

ドラフト1位選手では

 ドラフト1位選手では東京ヤクルトの杉浦稔大投手が入寮した。帯広市出身の杉浦投手は地元の焼酎「十勝無敗」を持参し、「10勝0敗で新人王」と目標を口にした。北海道・駒大苫小牧出身の田中将大投手が24勝0敗を記録したが、それに続きたい。

 巨人の小林誠司捕手は寮で食堂で坂本勇人選手に会い、挨拶を交わした。坂本選手は年齢では1つ上にあたり、プロではWBCでも活躍する遊撃手となっている。まずは坂本選手のレベルに追いついて、イケメンコンビとして活躍して欲しい。巨人はドラフト指名8選手が入寮を済ませた。ドラフト3位の田口麗斗投手は野球教室で小学1年生からもらったという宝物の「鹿の角」を持参した。

 横浜DeNAの柿田裕太投手は100冊以上の漫画と、母校・松本工の激励会でもらった白いグラブを持参した。横浜DeNAでは、ドラフト2位の平田真吾投手が、昨年12月に入籍したばかりだが、プロ入りの為の準備などで時間がとれず新居を探す事ができなかったため、一人寮に入ることになってしまった。今年活躍をして今年のオフには寮を出たい。

 このほか、阪神の岩貞祐太投手も入寮を済ませ、いよいよ合同自主トレがスタートする。

 

 

ヤクルトのドラフト1位・杉浦が、7日、埼玉・戸田市内の選手寮に入寮。大学の友人からプレゼントされた地元・北海道十勝地方の麦焼酎「十勝無敗(じゅっしょうむはい)」を持参し、10勝0敗での新人王を宣言した。ラベルにちなみ「まずは10勝無敗で新人王を取りたい。お酒は10勝したら飲もうと思います」と力を込めた。

  DeNAドラフト1位の柿田(日本生命)が神奈川県横須賀市内の合宿所に入寮。漫画を大量に持ち込んだ即戦力右腕は「大好きです。100冊以上はあります」と声を弾ませた。

 特にお気に入りの漫画が「ダイヤのA(エース)」(作者・寺嶋裕二)。技術は未熟だが野球への情熱は誰にも負けない主人公・沢村栄純が強豪校でエースを目指して奮闘する物語に、「こういうふうに思って投げるのかと心構えなど読んで勉強になるし、やる気になる」と言葉に力を込めていた。

 直立不動で頭を下げた。寮の食堂で昼食をとる小林の前に、1つ年上の坂本が現れた。「すごいオーラがありました。固まってしまいました」。直接、言葉は交わさなかったが、他の新人とともにあいさつ。「野球の技術もすごいけど(プレーに)華がある。(坂本と)1日でも早く1軍で活躍したい」と捕手として、遊撃手の坂本とのセンターライン結成に意欲を見せた。

 阪神のドラフト1位、岩貞(横浜商大)ら新人6選手が7日、兵庫県西宮市の球団寮に入った。岩貞は「グラウンドが一望できる部屋。野球に集中して取り組めるところだと思う」と目を輝かせた。

 2位の横田(鹿児島実高)は元プロ選手という父が現役時代に愛用していたバットケースを持参した。「焦らずやって最終的に父を越えられたら」と意気込んだ。


PAGE TOP