阪神、大和選手のFA移籍で人的補償求める、有望な若手投手

横浜DeNAは、FA宣言をしていた阪神・大和選手の獲得を発表、高田GMはショートが有力と話した。阪神は、人的補償を求める方針で、有望株の若い投手を狙う。

大和選手はショート

獲得を発表した横浜DeNAの高田GMは、「相手の選手として随分痛い目にあった。来季いい成績を残すために必要」と話し、「彼の守備を生かせるのはショートじゃないかと思う。」とショートの候補として考えていることを明かした。

ショートは今年は倉本選手が1年間出場し守り通したが、ショートのポジションを大和選手と競う事になる。

阪神は人的補償求める

大和選手より移籍することを伝えられた阪神の球団首脳は、それを金本監督に伝えた際、「ポスト大和、頼みますよ」と話すと「任せてください」と応えたという。

阪神は来年のキャンプで、昨年のドラフト1位・大山選手や北條選手、糸原選手、植田選手、森越選手、そしてベテランの西岡選手、また今年のドラフト3位で指名した熊谷選手の7人をショートで競わせる。また上本選手や、DeNAを戦力外となった山崎選手も加える。

また、今回の移籍を受けて阪神は、DeNAに対し人的補償を求める。球団幹部は「基本的には人的補償を優先に考えていきます。まだどのポジションかは白紙の段階。まずは出てきたリストを見てからになる」と話した。

ただし、「投手が狙いになるだろう」と話す球団幹部もおり、DeNAの若手投手の獲得を狙っている。

若手投手では飯塚悟史投手、尾中祐哉投手、綾部翔投手などが今年1軍で登板する有望株だが、戦力外になった投手も多く、それほど狙える選手が多い感じではない。投手と見せかけておいて、網谷捕手などを狙ってくるかもしれず、まずはプロテクトの状況が気になる。

「残念です」
悲報を受け、第一声はさすがにショックを隠せず。それでも同副社長に「“ポスト大和”頼みますよ」と言われると、力強く即答したという。
「任せておいてください!」

大和は、人的補償のあるBランク。谷本副社長は「もちろん、そうですね。(人的補償が)出てくるでしょう」と明言した。ポジションについては「(プロテクト)リストを拝見してから決めていきたい」と話すにとどめたが、今季、藤浪が3勝、岩貞も5勝と期待を裏切った。DeNAは有望株の若い投手も多く、球団幹部は「投手が狙いになるだろう」と話している


PAGE TOP