ここまでのドラフト戦線(高校生編)

森友哉, 笠松悠哉, 吉川雄大, 白鳥翔, 松井裕樹, 園部聡, 近田拓矢, 乾陽平, 上林誠知, 砂田毅樹, 岸本淳希, 喜多亮太, 本田建都, 水野匡貴

ブレイク的な感じでここまでのドラフト戦線をまとめてみます。まずは高校生編

高校生ドラフト候補

 センバツに出場した選手を含めてもドラフト1位として評価できるのは、投手では松井裕樹投手、野手では森友哉捕手の二人。松井投手は高めの球が多いものの、低めのストレートに左打者のアウトコースに大きく曲がって沈んでいくスライダーはやっぱり絶品。チェンジアップも含めていよいよ高校生ではバットにも当てられない投手になってきた。プロで高めのストレートで空振りを奪えるかは分からないが、大きなスライダーがあるため、狙って高めに投げられれば十分活躍できる。

 森選手は足の故障の影響で調子が上がっていないといいながらも、ホームランを放つなど打撃は一流だとおもう。小柄だがスイングスピードがあり、バットをしならせるようなスイングは木製バットでも十分活躍できる。守備面については肩はドラフト1位クラスのものを持っているし、リードも自信に満ちている。昨年の18Uで不安を見せたキャッチングはプロに入ってから十分鍛えられると思うので、主軸を打てる捕手となるだろう。

 春季大会では九州大会、四国大会が終わり、これから関東大会、近畿大会などが始まる。3年生の候補では文徳高校の本田建都投手が完全試合を達成し準優勝するなど活躍を見せた。スライダーを得意とする183cmの大型右腕で精神力も素質も高い選手。最速141km/hと球速がもう少し欲しいが今後伸びると思う。それでも今の所の評価はドラフト下位指名か、大学等で成長を見たい選手という感じだが、戦力に余裕のある球団は、素質を見込んで3位あたりで指名を考えるかも。

 聖隷クリストファーの鈴木翔太選手が調子を落とす中で、静岡高校の水野匡貴投手が怪我から復活し素晴らしいピッチングを見せているようです。最速144km/hの182cmの右腕でプロも複数球団が視察しており、本田投手よりも評価は高いものと思われます。

 今の所はこれくらいでしょうか。これから関東大会では桐光学園vs花咲徳栄の試合が決まっており、若月健矢捕手が松井裕樹投手とどのような対戦をするかに注目したいです。他に、大阪桐蔭の笠松悠哉選手や近田拓矢選手の骨折からの復活の状況、報徳学園の乾陽平投手や智弁和歌山の吉川雄大投手に注目でしょうか。

 北信越大会では敦賀気比の岸本淳希投手や喜多亮太捕手などのセンバツ注目メンバーのほかに、何人か注目したい投手がいます。東北大会でも仙台育英の上林誠知選手や、聖光学院・園部聡選手などのセンバツ出場メンバーのほかに、明桜の砂田毅樹投手や一関学院・白鳥翔投手などに注目したいです。


PAGE TOP