九州国際大付・清水優心選手がホームラン、福岡ソフトバンクなど10球団視察

九州国際大付, 清水優心

 高校野球福岡大会では九州国際大付が登場し、西田川と対戦した。清水優心捕手が高校通算35号となるホームランを放ち、視察に訪れた10球団のスカウトに大きくアピールした。

高校通算35号ホームラン

 清水優心選手は昨年秋の大会で3本塁打を記録し、プロのスカウトがドラフト上位候補に名前を挙げる選手となった。しかし今年の春は公式戦でホームランを打てず苦労をしていた。

 そこでフォーム改造に取り組みスムーズにバットが出るようになると、この日の初打席、1回2アウト2塁の場面でレフトスタンドに大きな飛球のホームランを放った。その後は2つの四死球と内野安打で2打数2安打2打点を記録した。

 また守備でも4回に一塁走者が飛び出した所を素早い送球でアウトにした。セカンドまで1.8秒台を記録するスローイングでも見せた。

 

プロ10球団のスカウトが集まる

 この日は福岡ソフトバンク、阪神など10球団のスカウトが集まった。福岡ソフトバンクの福山スカウトは「リストの柔らかさと使い方は天性のもの。球を遠くに運ぶのがうまい」と打撃について絶賛をした。

 オリックス、福岡ソフトバンクが上位候補に挙げており、他にも将来の正捕手となりそうな清水選手に注目する球団は少なくない。おそらくドラフト2位で消えるものとみられる。

 

 次の試合は強豪・飯塚高校との対戦となる。前半の山場となりそうだ。

 

 今秋ドラフト候補・九州国際大付の大型捕手・清水が、今夏初打席で通算35号を放った。初回2死二塁から左中間席に運び「手応えは十分。いい状態で入れて結果が出た」と5回コールド発進の火付け役になった。

清水いきなり夏初弾 九国大付コールド勝ち発信 ― 西日本スポーツ紙面 2014/7/7

 


PAGE TOP