樹徳・野平大樹選手に巨人、広島など8球団視察

野平大樹, 樹徳高

 高校野球群馬大会では樹徳高校が登場、高崎商と対戦し3-1で勝利した。プロ注目の野平大樹選手は4打数ノーヒットに終わったが、プロ8球団のスカウトが視察に訪れた。

大型遊撃手

 樹徳の野平大樹選手は182cmの大型遊撃手で、高校通算23本塁打を記録する左打者として注目されている。

 この日は高崎商との初戦を迎え3番遊撃手として出場すると、打撃では4打数ノーヒットに終わったものの、守備では3併殺を完成させるなどチームの勝利に貢献した。

 スタンドには巨人、広島など8球団のスカウトが訪れたといい、注目の高さを伺わせる。

 まだ好不調の差も大きく粗さもあるがそれが魅力で、将来は大きく育ってほしい内野手。そういった意味では小さくまとまらずに4打数ノーヒットの姿を見て、スカウトは安心するのかもしれない。

 

 樹徳の高校通算23本塁打のスラッガー、プロ注目の野平は「3番・遊撃」で出場し、4打数無安打に終わった。

 巨人、広島など8球団のスカウトがネット裏で視察。打撃では見せ場はなかったが、遊撃手として3併殺に絡み「守備で活躍できたのはよかった。これで流れに乗れればいい」と前向きに捉えていた。


PAGE TOP