都立雪谷・鈴木優投手が2試合連続完投、プロ6球団が注目し本人も「プロ志望」へ

鈴木優, 鎌田光, 雪谷高校, 東京実業

 高校野球東東京大会では、都立雪谷が東京実業に3-1で逆転勝利し、5回戦に勝ち上がった。プロ注目の鈴木優投手と鎌田 光投手の対戦に、プロ6球団のスカウトが視察に訪れた。

鈴木優投手

 鈴木優投手は181cmから145km/hの速球を投げる注目投手で、昨年の夏に2年生ながらエースとして活躍を見せ、今年も3回戦は4失点しながらもなんとか完投した。

 昨年に145km/hを記録したのに比べると、この日も最速は141km/hと調子はそれほどよくない。この日も2回に先制を許したが、その後は多彩な変化球も駆使しして抑えていく。

 味方が9回2アウトから3点を奪う逆転劇を見せると、9回は1アウト1,2塁のピンチを迎える。しかしそこから全球ストレートで力で抑え込み勝利した。9回を投げて2安打3四死球9奪三振1失点だった。

 この試合にはプロ6球団のスカウトが視察に訪れた。鈴木投手は試合後に「プロ志望届けを出します。プロに行きたいです。」とプロへの思いを話した。そして監督には既に話しているという。

 素質も力も十分ある選手、将来性をプロのスカウトがどの位と評価しているのかに注目したい。

 

鎌田光投手、あと1アウトに泣く

 一方、東京実業は春の大会で関東一に5-6と1点差ゲームをするなど、エース・鎌田光投手を中心に甲子園を狙えるチームだった。

 鎌田投手は粘り強い投球で9回2アウトまで無失点に抑え、勝利まで後1アウトだったが、そこからヒット、死球でランナーを許すと、味方のエラーの後に走者一掃の2ベースを浴びた。

 小学6年生の時に読売ジャイアンツジュニアのメンバーに選ばれ、今では138km/hを投げるエースとして、また50m6.0秒で走る将来有望な選手となった。この日訪れたプロのスカウトは鎌田投手も視察の対象となっていたと思う。

 野球を続ける意思があるのかは分からないが、続けたいと思えば大学、社会人で間違いなくプレーできるだろう。高い素質を持っている選手だけに、今後も注目してゆきたい。

 「みんなを甲子園に連れて行く」と気合を入れ直し、最終回は全球直球勝負だ。1死一、二塁から、後続を断った。9回を2安打1失点9奪三振で、初戦から2戦連続の完投勝利をマークした。プロ6球団が目を光らせる中で、最速も141キロをマークした。

9回2死から雪谷逆転 - 日刊スポーツ紙面 2014/7/18

 


PAGE TOP