早稲田実・清宮幸太郎選手、野村大樹選手に迫力

高校野球ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース 2017年センバツ高校野球ニュース

早稲田実が明徳義塾に逆転勝利、昨秋の東京大会決勝を思わせる早稲田実の粘りは、やはり清宮幸太郎選手、野村大樹選手の主軸の迫力によるものだろう。

エースが1試合持たない

早稲田実業と対戦する相手チームに話を聞くと、清宮と4打席対戦するとエースが疲労して1試合持たない、と話す。清宮選手の打席での迫力は尋常ではなく、投手は細心の注意と恐怖の中で投げる。そして清宮選手を打ち取ったりするとホッとして、次の野村選手にやられる。その野村選手も清宮選手の1年生での本塁打数を超えており、昨秋の東京大会では準決勝、決勝で野村選手がホームランを放ち勝ってきた。

この日も明徳義塾の北本投手はスライダーなどを有効に使い、清宮選手を4打数1安打に抑えた。しかし第1打席に清宮選手は初球を痛烈なセンター前ヒット、第3打席も初球を打ってファールフライ、そして第4打席も初球を逆方向への大きなレフトフライを放った。また第2打席はなかなか落ちてこない大きなセンターフライを打ち上げ、北本投手に十分恐怖を植え付けていた。

そして9回、清宮選手がネクストバッターズサークルに控える中で、北本投手は投ゴロをはじいてしまう。「清宮の応援が凄くて雰囲気にのまれた。焦って捕り損ねた。早く投げようとしてしまった。」と話し、次の清宮選手に対戦したくないという思いがエラーを招いた。

そして清宮選手の第5打席も勝負をしたが、最後の球は外角に大きくそれて四球となったが、その前までに勝負ありという感じだった。続く野村選手にも四球を与えて押し出し、すでに北本投手は清宮、野村との4度の対戦で疲労をしていた。

球場も味方に

早稲田実のユニフォームは、その歴史などから球場を味方につける事が多いが、この日もそうだった。そして清宮選手にもそれがある。視察した埼玉西武・渡辺SDは「今日もそうだけど、いろんなものを持っているよね。彼は周りを楽しませてくれる」と話した。

打てなくても相手投手に恐怖を与え続ける迫力、そしてチームを盛り上げ、球場を味方につける力、それが清宮選手の本質なのかもしれない。

早稲田実業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 北本 清宮の応援が凄くて雰囲気にのまれた。焦って捕り損ねた。
 清宮がもたらした重圧。絶体絶命のピンチはチャンスに変わる。主砲は四球を選び、4番の野村も押し出し四球で同点に追いついた。そして延長10回に野田が決勝の中前適時打を放ち、逆転勝ちした。試合後、清宮は「心臓に悪い試合」と苦笑いしつつ「球場の雰囲気を一変させるのが自分たちの持ち味。あの(9回の)どよめきは凄い楽しかった」と言った。和泉実監督、敵将の馬淵史郎監督もこう振り返る。
 和泉監督 次が清宮だったし、(失策は)見えない重圧があったのでは。

ところが明徳義塾・北本が2度ファンブルして失策。「焦ってしまった。(3番・清宮と4番・野村が)気になってしまって、力みがありました」と北本。続く清宮は「ついている。これは勝ったなと思った」と確信して打席に入り、冷静に四球を選んで満塁とした。4番・野村が押し出し四球を選んで同点。延長十回に野田が中前適時打を放ち、接戦を制した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント