大阪桐蔭・藤原恭大選手と根尾昂選手が甲子園登場、11球団スカウト評価

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース オリックスドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース 2018年センバツ高校野球ニュース

大阪桐蔭が初戦の伊万里戦に快勝した。ドラフト1位候補の藤原恭大選手と根尾昂選手の、11球団のスカウト評価をまとめる。

8人がマルチヒット

大阪桐蔭は先発した9人のうち、投手の柿木選手以外の8人がマルチヒットを記録、20安打の猛攻で14点を奪い、14-2で大勝した。プロ注目の藤原恭大選手は4番センターで出場し5打数2安打で2得点、根尾昂選手は5番ショートで出場して、5打数2安打3打点だった。

藤原選手は足の故障の影響で、走りについてはまだという印象だったものの、打撃ではしっかりとしたスイングで2回にライトへの2ベースヒット、4回にもライト前に運んだ。根尾選手は、フルスイングが落ち着いたという報道もあったが、相変わらずのマンぶりのフルスイングで、初回にレフトへの3ベースヒット、2回にはセンター前にヒットを放った。

12球団スカウト評価

ドラフト注目選手の本命の登場だった。視察している12球団のスカウトのコメントが出ているのでまとめる。

阪神・畑山チーフスカウト:「藤原はまだ走る方は7,8割、あんなもんじゃないなと思う。今、できることをやれている。もっと速い。全力でできれば実績もある。肩も強いし、夏までに全開になるのが楽しみです。根尾は強く振ってあそこまできっちり捉えて結果を出せるようになってきているのは成長。遊撃手らしく成長している。彼は遊撃にこだわらず、いろんな可能性を見たい」

広島・苑田スカウト統括部長:「藤原は現時点では、野手で大学、社会人を含めてもNO1。カモシカみたい」

巨人・岡崎スカウト部長:「振りが速いし力強さが違った。藤原、中川、根尾、山田、みんなよかった。藤原はドラフト上位で消える可能性がありますね。走攻守3拍子そろった選手」

横浜DeNA・吉田編成部長:「根尾君、藤原君は高校生のスイングじゃないね。ミート力もあるし、走攻守3拍子そろった選手。藤原は大きいのも打てそうだし、将来トリプルスリーも狙えるような素材」

東京ヤクルト・伊東編成部部長:「藤原は阪神・糸井のようなイメージ。走るときに地面を書き上げる力がすごい。体の強さも大事な要素」

中日・中田スカウトディレクター:「共通しているのは体のスピードがあって、リズミカル。野球選手の必要な肩、足、瞬発力を兼ね備えている。2人とも2位3位では残らない。確実に1位で消える」

埼玉西武・渡辺SD:「レベルがワンランク上のチーム。根尾君は広角に打てるし柔らかい。もい霧もいいし、スイングに迷いがなかった」

東北楽天・長島スカウト部長:「藤原は高校生だが即戦力に近い外野手。チームにもよるが即レギュラー争いに絡む可能性もある」

オリックス・長村球団本部長:「いい足しとる。走攻守、高いレベル。高校生ではトップレベルでしょうね。他のチームと比べてもチーム力はすごい。個々の能力が高い」

北海道日本ハム・山田スカウト顧問:「藤原は本当に足の速い人の走り方。福本さん(阪急)や柴田さん(巨人)、うちの西川みたい」

千葉ロッテ・永野チーフスカウト:「野球に対する取り組みがいい。大阪桐蔭は現状で6人リストに挙がっていて、藤原は上位候補」

藤原選手の評価が非常に高い。ドラフト1位指名はまちがいない。また根尾選手もショートからの強い肩を見せた。足も長打力もあり、今大会ではこれから投手としても登板すると思うので、またそこで評価が聞けるかもしれない。

大阪桐蔭高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
2018年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

阪神・畑山チーフスカウトは「藤原は実績があるし、上積みを期待したい。根尾は遊撃手らしく成長している。彼は遊撃にこだわらず、いろんな可能性を見たい」と揺るがぬ評価を口にした。

「チームとして初戦から積極的にいって、大量得点を取れたのでよかったです」

 この日は本来の1番ではなく公式戦初の4番。昨秋から苦しんできた右膝痛を考慮された形だが「(根尾が5番で)心強い。やりやすい環境でした」と笑顔を見せた。

 二回だ。一死一塁で鋭く一、二塁間を破る今大会初安打を放つと、右翼手の動きを見て二塁へ。右足からスライディングした。「反射的にやってしまった。思っていたより痛くなかった」。アドレナリン全開の激走に西谷浩一監督(48)も「1番でいけるぐらいに状態は上がっていると思います」とうなずいた。

本能だった。6―0の2回1死一塁、大阪桐蔭の藤原は右方向へ打球を飛ばした。5秒7の快足で、昨年10月に右膝を痛めてから初めて二塁ベースに右足でスライディングした。「(走塁は)8割ぐらいの力。反射的にやってしまった」。なおも二、三塁で根尾昂の2点適時打につなげた。

 負傷後、25日に初めて走塁練習を解禁した。痛み止めを服用してテーピングは使用せず、サポーターだけにした。「足の状態は良くなっている」と手応えを示したドラ1候補に、広島の苑田スカウト統括部長は「現時点では、野手で大学、社会人を含めてもNO1。カモシカみたい」と絶賛した。

プロスカウト絶賛 日刊スポーツ紙面 2018/3/27

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント