センバツ注目捕手TOP5は?

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース

23日に開幕するセンバツ高校野球、捕手の大会前の評価をしておきます。大会後にどうなっているか比較をしてみたいと思います。

TOP5

選手名高校身長体重
東妻純平智弁和歌山174cm75kg
野口海音履正社171cm80kg
山瀬慎之助星稜176cm82kg
村田凜札幌第一178cm93kg
江川侑斗大分178cm75kg

智弁和歌山の東妻選手は、遠投125mの強肩で大学、社会人を含めてもトップクラスの強肩があり、昨年秋は練習試合含めて13本塁打、この春もホームランが多く長打力も抜群。昨年春準優勝の経験も十分で、ドラフト上位候補となる。

星稜の山瀬選手も強肩では負けていない。鋭い送球はセカンドまで1.8秒台を計測しフットワークも良く、そして中学で日本一になた奥川投手とのコンビも抜群、さらに下級生投手をしっかりとリードし経験を積み重ねている。

履正社の野口選手も長打力が光り、昨秋は練習試合含めて8本塁打。セカンドまでの素早い送球も評価が高い。札幌第一の村田選手も打席でどっしりと構えての長打力が抜群で秋は練習試合含めて6本塁打、そのうち公式戦4本塁打を記録している。大分の江川捕手は、セカンドまで1.85秒を記録する強肩があり、変化球投手を巧みにリードする。プロのスカウトにも「キャッチャーとしては九州で一番」と評価されている。

筑陽学園の進藤勇也選手は181cmの大型捕手で遠投110m、セカンドまで1.8秒の送球を見せる。東邦の成沢巧馬選手は183cm81kgの大型捕手で遠投は120m、相手に盗塁をあきらめさせるイニング間送球を見せる。習志野の兼子将太朗捕手は182cm80kgの大型捕手、打撃も捕手としてもまだ成長途中の選手だがスケールの大きさがある。

津田学園の阿萬田琉希選手は東海大会で2つの盗塁を刺した。遠投110mの強肩が光る。龍谷大平安の多田龍平捕手も遠投110mの強肩がある。福知山成美の原陽太選手は昨秋公式戦2本塁打、練習試合含めて5本の長打力に、50m6.2秒の足もある。明石商の水谷祥平捕手は秋に2本塁打と打率4割をの打撃を見せ、主将+4番+捕手として2年生・中森投手をリードする。

広陵の秋山功太郎選手はセンバツで選手宣誓を行う主将、180cmの大型保守で遠投110mに50m6.2秒の足もある。高松商の新居龍聖選手は香川投手、中塚投手の2枚看板を巧みにリードし、しっかりとしたフットワークを見せる。

山梨学院・栗田勇雅選手は2年生、昨年は1年生ながらスタメンマスクを被りホームランも放つなど話題となった。強肩で4番を任せられる。

2019年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
センバツ高校野球大会(2019)の組み合わせと注目選手

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント