日本航空石川・重吉翼投手が148キロ、9回不運で優勝逃す

日本航空石川, 重吉翼

春季石川大会、星稜との一戦に臨んだ日本航空石川はプロ注目の重吉翼投手が先発したものの、9回に不運により打倒・星稜はならなかった。

148キロ

日本航空石川の重吉翼投手はこの日、序盤から146キロを何度か記録すると、最速を更新する148キロを記録した。星稜の強打線を8回まで3点に抑えていたものの、9回に2ベースヒットの後に重吉投手の左手に当たる強襲ヒットを浴びた。

その後、治療のためにベンチに下がったが、7分後に再びマウンドに戻る。しかし、そこから3者連続四球を与えて2つの押し出しで5-5の同点に追いつかれ、そこで降板をした。「強気でいこうと思ったが、力が入りムキになり、大事なところでいつも通りの投球ができなかった」と話した。

しかし、9回にも146キロを記録するなど力のある球を投げ、今大会は大きく評価を上げた。

重吉投手は北信越大会にも出場する。打倒星稜はお預けとなったが、「北信越では星稜にリベンジしたいが、経験値を積んだ上でいい経験をして夏につなげたい」と話し、夏での打倒星稜に目を向けていた。

北信越大会では癖のないフォームで148キロの速球を投げる右腕に、プロのスカウトの視線が注がれる。

2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-石川県のドラフト候補リスト

治療のためベンチに下がり7分間の中断。エースは「みんなを不安にさせてしまった。いい流れを止めてしまった」と肩を落とした。一、三塁から3連続四球を与えて同点にされたところで無念の降板。後続も失点を重ね、春季県大会初制覇の夢は目の前で消えた。


PAGE TOP