日大藤沢・武富陸投手にプロ複数球団注目

日大藤沢, 武富陸

今日開幕する夏の高校野球神奈川大会、横浜の153キロ左腕・及川雅貴投手や横浜隼人の188cm左腕・佐藤一磨投手と共に、日大藤沢の左腕・武富陸投手もプロが注目している。

昨年夏は初戦敗退

日大藤沢の武富陸投手は、中山中時代にエースとして全国大会に出場して注目をされた。日大藤沢に入ると左のエース候補として期待された。しかし、昨年夏は5-2とリードした7回から登板をすると、8回に1失点し、9回に3を奪われて5-6で藤沢翔陵に逆転負けで初戦敗退。「人生で一番泣いた」というその日から1年間、先輩の想いや悔しさをバネに「がんばってきた」と話す。

昨年から臨時コーチとして、監督の兄で日大藤沢OBの山本昌氏からも指導を受けられるようになり、142キロのストレートとスクリューを投げるようになった。「ゲッツーが取りやすくなって、完投できる試合も増えてきた」と話す。

武富投手には複数のプロ球団のスカウトが視察に訪れており、プロも注目する。今年は昨年の悔しを晴らす投球を見せられるか。神奈川のBIG3左腕の投球にプロの視線も集まる。

2019年度-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト
夏の高校野球・神奈川大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度A

 左の好投手とあってすでにプロ複数球団が視察している。山本秀明監督は「指先の感覚が素晴らしい。大きく育ってほしい」と期待を込める。


PAGE TOP