侍ジャパンU18代表の進路(2019)

高校野球ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース 侍ジャパン

U18ワールドカップの戦いを終え、侍ジャパンU18代表は解散となる。帰国後、それぞれの道へ進んでいく。日刊スポーツでは代表選手の希望進路を掲載しています。

侍ジャパンU18代表選手の希望進路


選手名高校身長体重希望進路
(日刊スポーツ)
球速ラン
プロ志望届

佐々木朗希大船渡190cm86kg 右右プロ163特A 
浅田将汰有明181cm85kg 右右プロ149A
池田陽佑智弁和歌山183cm84kg 右右大学150B+ 
前佑囲斗津田学園182cm88kg 右右プロ152A○ 
飯塚脩人習志野181cm78kg 右左大学150B+ 
西純矢創志学園184cm85kg 右右大学かプロ154特A
宮城大弥興南172cm78kg 左左プロ149A○ 
奥川恭伸星稜183cm84kg 右右プロ154特A  
林優樹近江174cm64kg 左左社会人 B+

山瀬慎之助星稜177cm85kg 右右プロ B+ 
水上桂明石商172cm72kg 右右大学 B-


森敬斗桐蔭学園175cm75kg 右左未定 B+
武岡龍世八戸学院光星178cm77kg 右左プロ B+
石川昂弥東邦185cm87kg 右右プロ A
韮澤雄也花咲徳栄177cm80kg 右左プロ B+
遠藤成東海大相模178cm82kg 右左プロ B+
坂下翔馬智弁学園164cm67kg 右左大学 B 
熊田任洋東邦174cm74kg 右左大学 B+ 


鵜沼魁斗東海大相模2年175cm74kg右右 B
横山陽樹作新学院2年178cm76kg 右右 B+

選手の進路に対する発言

佐々木投手・・・プロでやりたいなと思っているので、もう1回いろんな人と話し合って決めたい。100%決まっているわけじゃないので。行きたいとは思う。小さいころからの夢。

奥川投手・・・生半可な気持ちで(プロ志望届を)出せるものではない。最後まで考えたい。

西投手・・・高卒プロは大変だと思う。大学で4年間というのもありなのかと。いろいろな選択肢から考えたい。

石川選手・・・150キロ近い投手に対して木のバットで自分のスイングができた。現時点では問題なく振れています。

飯塚投手・・・今はプロは考えていません。大学で続けたい。今回も自分よりいい投手がたくさんいた。経験を生かしていきたいです。

宮城投手・・・課題を解決しないと上のステージでは通用しない。しっかりと準備して行きたいです。

森選手・・・まだ具体的には決めていません。最終的にはプロで活躍することを目指しています。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2019)一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント