昌平・渡辺翔大選手が逆方向に46号本塁打、巨人・ヤクルト・DeNAなど評価

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

昌平のプロ注目スラッガー・渡辺翔大選手が、広い県営大宮球場の左中間芝生席に、逆方向へのホームランを放った。

状態がいい

渡辺翔大選手はこの日、初回にレフトへ強い当たりのレフトフライを打っていたが、続く第2打席は3回2アウト1,2塁の場面で回ると、真ん中低めのスライダーを逆方向のレフト芝生席に運んだ。

高い飛球ではなくやや低いライナーの当たりで、渡辺選手も「打った瞬間は、いったと思わず、全力で走りました。」と話したが、最後のひと伸びがあった。「しっかり振り切れたのがよかったです」と話した。

渡辺選手は活動自粛期間に打撃の練習を重ね、「逆方向への飛ばし方が分かった感じがする」と話し、投球を見て逆方向へもしっかりと意識をして打球を飛ばしている。活動自粛明けは「打撃の調子がいい状態が続いている」と話した。

スカウト評価

この日は第1試合の花咲徳栄の試合に10球団のスカウトが視察にきており、第2試合の昌平の試合にもかなりの球団が残っていた。

東京ヤクルト・中西親志スカウト:「懐が深く、長打力もあるし、バットコントロールもいい。外野も守れるし、逆方向にも強い打球を打てる好打者」

巨人・柏田スカウト:「思うような打撃ができていると思う。振りの速さと当てる技術がある」

横浜DeNA・稲嶺スカウト:「反対方向にあそこまで飛ばせるのはすごい。いいパワーを持っている」

渡辺選手はプロ志望について「まだ、決めていない。監督と相談して決めます」と話した。しかし、プロ志望高校生合同練習会の参加について聞かれると、「参加はしない。その場の出来ではなく、これまでに目に留まっているかどうか」と、これまでの実績を元にプロ入りを目指すと話した。

2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
埼玉県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A
埼玉県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

ネット裏では巨人、オリックスなど5球団以上のスカウトが視察。ヤクルトの中西親志スカウトは「(構えは)懐が深く、長打力もあるし、バットコントロールもいい」と評価した。

視察したヤクルト・中西スカウトは「外野も守れるし、逆(左)方向にも強い打球を打てる好打者」と評価した。

高校通算46号に「チャンスで打てて良かった。入ると思ってなく振り切れた分、入って良かった」。プロ10球団のスカウトの前で力を証明した。

この日はプロ10球団のスカウトが視察。巨人・柏田貴史スカウトは「思うような打撃ができていると思う。振りの速さと当てる技術がある」と評価した。渡辺は「プロ志望高校生合同練習会」に参加せず、今大会に全てを懸ける考えだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント