プロ志望届提出の春日部共栄・平尾柊翔選手は1安打「プロでは中心選手に」

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

春日部共栄は花咲徳栄に2-5で敗れた。プロ志望届を提出している平尾柊翔選手は「プロで中心となれる打者に」と話した。

スポンサーリンク

4打数1安打

この日は、甲子園でも好投を見せていた、左で抜群のコントロールを見せる花咲徳栄・高森陽生投手との対戦に、左バッターの平尾柊翔選手は苦労した。初回、低めに集められた球で3球三振をすると、続く第2打席も三振を奪われた。

しかし、第3打席は、高いフライを打ち上げセンターフライとなると、第4打席はライト前に鋭いゴロの打球でヒットを打った。4打数1安打だった。

既にプロ志望届を提出しており、進路は「プロ1本」とし、「プロの世界に入って、中心となれるような打者になりたい」と話す。本多監督は平尾選手について、「本人はプロに行きたいと言っている。広角に打てるのがいいところ」と話した。

スイングもなかなか強く、またこの日はレフトで出場したが、守備は安定感があった。試合前の練習でもタイミングを測ってキャッチしてからスローインまで素早い動きを見せ、外野手としてテクニカルな所がある選手だと思う。

これで高校野球でのアピールは終わった。今後、プロ志望高校生合同練習会にも参加するかもしれないが、侍ジャパンU15代表で4番を打った選手が、どのような評価となっていくのか注目される。

2020年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
埼玉県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A
埼玉県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

 進路については「プロ1本」と明言しており、すでにプロ野球志望届を提出済み。本多利治監督は「本人はプロに行きたいと言っている。広角に打てるのがいいところ」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント