夏の群馬大会組み合わせが決定、前橋商の注目右腕・清水大暉投手「甲子園で勝つ、そこだけを目標に」

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

センバツ覇者・健大高崎が春夏連覇を目指す夏の大会、群馬大会の組み合わせが決定した。昨夏代表の前橋商、148キロ右腕の清水大暉投手も甲子園に仮を返しに行く。

スポンサーリンク

2つの壁

群馬大会の組み合わせが決定し、プロ注目の192cm右腕・清水大暉投手のいる前橋商は、センバツ覇者・健大高崎とは反対のブロックとなり、勝ち上がった場合には決勝で対戦することになる。

清水投手は昨年の夏、群馬大会でリリーフとして圧倒的なストレートを投げてチームを甲子園に導いた。しかし、群馬大会は勝ち上がることに疲労もあってか、徐々に球の勢いがなくなってきており、甲子園初戦のクラーク国際戦では8回から登板したものの、3安打5失点(自責点1)で2/3回で降板した。

「甲子園で勝つ。そこだけを考えています」と清水投手は話す。甲子園で見せた昨年のピッチングの仮を、甲子園で返したい。しかしそのためには群馬大会で優勝する必要がある、そこにはセンバツ覇者という壁がある。

健大高崎については、「無失点はたぶん厳しいかなって」と話す。しかし、「打線に抜け目がない、スキがないっていうのは感じました。でも全然、完全に抑えられないなっていうまでじゃなかったと」とし、「うちの打線もだいぶ粘り強くなっているので、最低でも3点以内に収めたいです」と勝利のイメージもしっかりと持っている。

春の大会は先発としてチームを関東大会に導いたが、そこでは白鴎大足利の昆野太晴投手の152キロを見せられた。それでも自らの投球スタイルを変えずに投げ続けた右腕は、夏に高校の集大成としてどのような投球をするのか注目したい。

2024年度-高校生-群馬県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
プロ注目192センチ右腕の前橋商・清水大暉、センバツV健大高崎打線相手のイメージ語る/群馬 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
春夏連覇より夏連覇だ。第106回全国高校野球選手権群馬大会の組み合わせ抽選会が14日、前橋市内で行われた。プロ注目右腕の清水大暉投手(3年)を擁する前橋商は、… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント