センバツに向けて、静岡高の注目選手たち

成瀬和人, 村松開人, 黒岩陽介, 斎藤来音

センバツに出場するチームの、注目選手を、個人的に注目したい選手1位から3位まで紹介します。今日は静岡高。

静岡高の注目選手

やはり注目したいのは1年生の時から4番を打っている成瀬和人選手、昨年秋は打率.298と調子は良くなかったが、1本塁打に12打点と4番の仕事をして見せた。50m6.2秒の足もある選手で、期待をしたい。

捕手の黒岩陽介選手はセカンドまで1.9秒の肩が魅力で、正確なスローイングを見せる。主将として扇のかなめを任され、また打撃でも昨年秋は14打点を記録し、打率.429を残した。チームの中心選手。

3番目に注目したいのは村松開人選手。50m5.8秒で走る俊足で、守備はショートを守る。守備で課題があるものの、足で相手をかき回す。昨年秋は打率.482を記録し、1番バッターとしての出塁の能力と走塁の能力に注目したい。

チーム

2年生で2番ライトを任されそうなのが、斎藤来音選手。178cmと身長がある選手だが、50m6.1秒の足を見せる。来年のドラフト候補となっていくか。

投手はエースの春投手は134キロの速球をテンポよく投げていく。左腕の鈴木投手は135キロで、変則フォームの投手。投手陣の出来がチームが勝ち上がっていくカギとなる。

静岡高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP