2019センバツに向けて、明石商の注目選手

明石商, 来田涼斗, 中森俊介, 南瑛斗, 岡部宇裕, 岡田光, 河野光輝, 重宮涼, 宮口大輝

センバツ大会に出場するチームの注目選手について、個人的に注目したい選手を紹介して行きます。今日は明石商業高校。

明石商の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:中森俊介投手は新2年生、181cmの右腕で昨年夏の甲子園で145キロを記録、球の質やコントロール、変化球も高いレベルだった。今年は150キロ近くまで伸ばしてくれば、来年の目玉候補になる。

注目度A:来田涼斗選手も新2年生、50m5.9秒の足や遠投100mの肩など身体能力が高く、また昨年秋は練習試合を含めて50試合で8本塁打と長打力もどんどん伸びている。1番として長打を見せ、藤原恭大選手のようになってほしい。

注目度B:宮口大輝投手は176cm69kgだがしっかりとした身体があり、140キロを記録する。秋は報徳学園を4安打完封と実力も十分で、球威のアップや実戦マウンドでの内容を見たい。

注目度C:重宮涼選手は昨夏の甲子園でもサードのレギュラー、秋も打率.486の活躍を見せた。打球の強さや守備をチェックしたい。

注目度C:河野光輝選手は168cmのショートだが遠投100mの強肩と50m6.2秒の足がある。選球眼やコンタクトする力もあり、まずは走塁や守備のスピード、肩などを見たい。

注目度C:岡田光選手は50m6.0秒の足を持つ二塁手。やはり足に注目したいが、出塁することができるかどうかを注目したい。

注目度C:岡部宇裕選手は控えだったが50m6.2秒の足があり盗塁ができる選手。セカンド・ショートを河野選手、岡田選手と争っており、スピードなどを注目したい。

注目度C:南瑛斗投手は180cmの控え投手、公式戦登板はないが、練習試合で53回2/3で49奪三振、登板機会があれば見てみたい。

チーム

新2年生になる中森投手と来田選手が注目されるチームだが、宮口投手の能力も高く、中森投手との2枚看板はセンバツ出場校の中でも屈指。また南投手や左腕の杉戸理斗投手などリリーフ陣も三振を奪う力がある。

打線は来田選手を1番に3番の重宮涼選手がキーポイントとなり4番の安藤碧選手などにつなげる。また下位打線で岡田光選手などがチャンスを作れれば、1番・来田選手で得点ができる。

投手陣は完封も多く、2,3点以内に抑える。打線も5点くらいは奪えそうで、投手戦に持ち込み、確実に得点を奪っていきたい。

明石商業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP