2019センバツに向けて、大分高の注目選手

大分高, 田中颯悟, 飯塚和茂, 中尾拓士, 安藤陽斗, 足立駿, 江川侑斗

センバツ大会に出場するチームの注目選手について、個人的に注目したい選手を紹介して行きます。今日は大分高校。

大分高の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:江川侑斗選手はセカンドまで1.85秒の強肩捕手で昨秋は盗塁を一つも許さず、プロのスカウトも九州NO.1捕手と注目する。智弁和歌山・東妻選手や星稜・山瀬選手などとセンバツNO.1捕手を競う。

注目度C:足立駿選手は183cmの二塁手、50m6.2秒の足がある。小学生時代にソフトバンクジュニアに選出された。打撃の強さを見たい。

注目度C:安藤陽斗選手は50m5.9秒の俊足外野手、中学時にジャイアンツカップでベスト4入りしている。盗塁など足を使ったプレーをチェックしたい。

注目度C:中尾拓士選手は4番バッターで高校通算16本塁打、長打力をチェックしたい。

注目度C:飯塚和茂選手は昨秋不調も通算14本塁打を打つサードで、181cm85kgの体も期待。スイングの強さ、打球の強さを見たい。

注目度C:田中颯悟選手は2年生、171cmの外野手だが、秋は打率.462に8試合で6盗塁の高い野球センスを見せる。まずは守備と走塁で身体能力と技術を注目したい。

チーム

投手は軟投派の長尾投手、石丸投手が中心、制球力や変化球を武器に防御率は良く、江川選手のリードも光る。また江川選手の肩で相手チームの攻撃に隙を与えず、ランナーをためても守り切ることができる。

打撃では4番・中尾選手が中心だが、足立選手、飯塚選手など打席で迫力を感じさせる選手もいる。

失点は少なく3点以内に収める。得点は5点前後を奪う力があり、投手を中心に守備がしっかりと守れるかが勝利のカギとなりそうだ。

大分高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP