ルーキーズ、キャンプで話題を集めた選手は?

 プロ野球各球団のキャンプが次々と打ち上げられている。昨年のドラフト会議で指名されたルーキーはどんな評価をされているのかまとめてみる。

高評価の選手

 基本的にスポーツ紙やサイトを中心にルーキーのニュースを見て、多く名前が取り上げられた選手は次のような感じだろう。

東京ヤクルト

横浜DeNA:ドラフト1位・山崎康晃、ドラフト3位・倉本寿彦、ドラフト5位・山下幸輝

中日:ドラフト2位・浜田智博、ドラフト3位・友永翔太、ドラフト6位・井領雅貴

広島:ドラフト1位・野間峻祥

阪神:ドラフト2位・石崎剛、ドラフト3位・江越大賀

巨人:ドラフト1位・岡本和真、ドラフト2位・戸根千明、ドラフト3位・高木勇人

 

東北楽天:ドラフト1位・安楽智大、ドラフト3位・福田将儀、ドラフト6位・加藤正志 

埼玉西武:ドラフト1位・高橋光成

千葉ロッテ:ドラフト2位・田中英祐

北海道日本ハム:ドラフト1位・有原航平

オリックス:ドラフト8位・小田裕也

福岡ソフトバンク

 

 このうちセリーグでは、中日は友永翔太選手と井領雅貴選手、他にも石川駿選手、遠藤一星選手と社会人カルテットとして注目を集め、横浜DeNAは倉本選手や山下選手が打撃で鋭いスイングを見せ、多くの人から高い評価を受けている。

 広島の野間選手も実戦で結果を出すなど、期待通りの活躍を見せ、同じ大学生出身外野手の阪神・江越大賀選手も阪神という事もあり高い注目をされている。

 巨人の左右のリリーフコンビも実戦で十分使えそうな投球を見せているし、ドラフト1位・岡本和真選手の打撃はプロでも通用するもので、あとは経験を積んでゆけばという段階に入っている。

 東京ヤクルトは全員2軍スタートと言う方針で注目は低く、ドラフト1位の竹下真吾投手が違和感もあり1軍昇格を見送られ、昇格した他の投手も実戦で結果はいまいちだった。

 

パリーグでは東北楽天の福田選手が外野手のレギュラーを獲りそうな勢いをもっているようだ。またアンダースローの加藤投手も結果を残す段階に入ってきている。

 安楽智大投手が開幕1軍で注目されたが、方針もあり2軍に降格するとコーチから厳しい指摘をされた。逆に埼玉西武の高橋光成投手が実戦で結果を見せた。

 千葉ロッテの田中英祐投手の注目度は、ルーキーではNO1だった。ただし、やはり京都大出身という事が大きく、投手としてはフォームも体もできていない印象。

 北海道日本ハムもルーキーは全員2軍スタートだが、それでも注目される有原投手はさすがだろう。

 ドラフトで高校生を中心に獲得したオリックスと福岡ソフトバンクは、あまり話題になる選手はいなかったが、オリックスのドラフト8位・小田裕也選手は派手なミスもすれば、固め打ちも見せるなど、話題を持っていく選手かもしれない。

2014年ドラフト会議/指名選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年ルーキーの活躍・成績一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

 


PAGE TOP