埼玉西武の育成4位ルーキー・川村啓真選手が退団

埼玉西武ルーキーニュース

昨年のドラフト会議で、埼玉西武の育成ドラフト4位で指名された川村啓真選手の退団が発表された。「一身上の都合」だという。

スポンサーリンク

大学屈指の外野手

川村啓真選手は日本文理高校時からドラフト候補として注目され、国学院大では山本ダンテ武蔵選手、福永奨選手、瀬戸成一郎選手などと超強力打線を築き、他大学に恐怖を与えていた。

ドラフト候補としても即戦力外野手として高い評価をされていたが、ドラフト会議では育成ドラフト会議の4位で指名された。

ファームでは31試合に出場し打率.156、5月30日の楽天戦では3打数2安打を記録するなど活躍のニュースが聞かれていたが、球団によると本人から「一身上の都合」で退団の申し出があったという。

入団1年目の6月というタイミングで退団というのは、かなり異例とも言える。長くみていた選手でもあり残念だ。

【西武】育成ルーキーの川村啓真が自由契約 「一身上の都合」本人から申し出があり球団も受諾 - プロ野球 : 日刊スポーツ
西武育成の川村啓真外野手(22)が自由契約となった。球団によると、「ここ数日」で本人から申し出があり、球団も受諾した。「一身上の都合」としており、今後は未定と… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント