阪神ドラフト1位・馬場、3位・熊谷の仙台育英コンビが始動

阪神ルーキーニュース

阪神のドラフト1位ルーキー・馬場皐輔投手とドラフト3位ルーキーの熊谷敬宥選手の仙台育英同級生コンビが始動した。

馬場投手は「初勝利」

二人は仙台大と立教大からプロ入りをするものの、高校時代は仙台育英でチームメイトだった。高校3年の春と夏の甲子園に共に出場し、馬場投手は投手として、熊谷選手は内野手としてプレーしていた。

仙台大で最速155キロ投手に成長した馬場投手は、ドラフト1位で指名された。この日は仙台市内の公園で自主トレをスタートさせた。今年の目標や意気込みという事で書いた色紙には、最初は「吠える」と書いたものの、「初勝利」と書き直した。「1年目はまだ、自分のできることが限られてくる。熱くなるのはなしにして、自分の中で理想像を描きながら投げられれば」と、冷静に1年目の目標を語った。

熊谷選手は「挑戦」

熊谷選手は立教大に進むと内野手としてプレーし、4年春の念願のリーグ戦優勝に貢献した。また侍ジャパン大学代表入りし内野手としてユニバーシアード優勝にも貢献、ドラフト3位で指名された。

その熊谷選手は阪神でプレーする事について、特に巨人との伝統の一戦に思いがある。「応援からすごい。昔からやりあっているのをテレビで見てそういった中で伝統の一戦という意味も何となくわかります。プロ野球界の中で一番熱い戦いなんじゃないかと思います」と話した。

そして「1年目から内野のレギュラー争いに挑戦していきたい。」と話し、右打者の熊谷選手だが俊足を生かすために現在は両打ちに取り組んでいる。色紙にも「挑戦」と記し、レギュラー獲り、そして左の打撃にも挑戦していく。

またチームメイトとなった二人、馬場投手がマウンドで投げ、ショートを熊谷選手が守る姿が見られるか注目したい。

2017ドラフト指名選手
仙台育英高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

今年の目標、意気込みを最初は『吠える』と書いた。だが「変に飾らないで、いつもの自分で」と、すぐに『初勝利』に訂正した。それは今月上旬に入寮し、プロとしてのスタートを切ってからも大切にしていく思いだ。「いつもやってきたことから変に変えるとおかしくなるので」。自分を見失うことなく歩を進めていく。

 ドラフト1位として入団し、背番号18を背負う。計り知れないプレッシャーがかかるが、あくまで冷静沈着だ。「1年目はまだ、自分のできることが限られてくる。熱くなるのはなしにして、自分の中で理想像を描きながら投げられれば」と、マイペースを貫く。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント