JR東日本・白崎勇気投手が先発し5回途中まで1失点、田中広輔選手は5出塁

白崎勇気, JR東日本, 田中広輔

 JR東日本で来年のドラフト候補・白崎勇気投手が、社会人野球日本選手権の2回戦・日本通運戦で登板すると、5回途中まで5安打を許したものの1失点と粘りの投球を見せてチームの勝利に貢献した。

 白崎投手は横浜DeNAから今年のドラフト会議で1位指名された駒大・白崎浩之選手の従弟にあたり、駒沢大の先輩でもある。浩之選手には電話で祝福したが、来年は自分もという気持ちが強くなったことでしょう。

 この日は4回0/3を投げて5安打1失点、もっと実績を積み重ねて欲しい投手で、全国の舞台で先発した経験は来年に繋がるだろう。JR東日本には同じく東都リーグ出身の同期、吉田一将投手(日大出身)がドラフトの注目候補となっており、まずは先発の座を勝ち取る必要がある。

 この日はオリックスがドラフト6位で指名した戸田亮投手も10-3と点差の開いた9回に登板し、1安打を許したものの1三振を奪い1回を無失点に抑えた。また、こちらも来年のドラフト候補、田中広輔選手が1番ショートで出場し、6回打席に立って、4打数3安打に2四球と5回出塁しチームの勝利に大きく貢献した。

 

 来秋のドラフト候補の最速148キロ右腕・白崎が、従弟に負けじと存在感を示した。勝利投手の権利を得る5回の先頭打者に中前打を許したところで無念の降板。「5回を投げきりたかった」と悔しがったが、堀井哲也監督は「粘って試合をつくってくれた」と5安打1失点に及第点を与えた。

 

 今夏都市対抗では、同期の吉田が全5試合中4試合に先発してフル回転したが、自身は登板機会なし。4日の1回戦・新日鉄住金広畑戦でも吉田が6回無失点で勝ち投手になっていただけに「刺激になった」と力に変えた。従弟の浩之には、ドラフト後に電話で「おめでとう」と祝福したが、「自分もという気持ちはある」と来年のプロ入りを視野に入れる。「まずはチームにしっかり貢献したい」と吉田との先発2本柱で初優勝を狙う。


PAGE TOP