角館高の147キロ右腕・小木田敦也投手がTDK入り

社会人野球ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース

角館高校で147キロの速球を投げ注目されていた小木田敦也投手は、地元の社会人・TDKに進み、「力をつけてからプロに行きたい」と話した。

147キロ右腕

県で総合的に選手の力をアップさせる取り組みをしている秋田県では、好投手がかなり出てきている印象を受ける。昨年も夏の甲子園に出場した大曲工に鈴木理公投手と2年生だった藤井黎來投手が140キロ超の速球を投げ、大館鳳明の佐藤宏樹投手なども注目された。その中で夏の秋田大会で最も注目されたのは、角館の小木田投手だった。

小木田投手は172cm73kgと小柄だが最速147キロの速球を投げ、カットボール、スライダー、スプリットなどの多彩な変化球もあり、準々決勝の能代松陽戦ではノーヒットノーランも達成している。大曲工との決勝でも5回まで1失点と好投したが、6回に打球が右足を直撃しその影響もあってか8回に5失点して逆転負け、甲子園出場を逃した。

プロも注目したものの、「社会人を経て、力をつけてからプロに行きたい」と話し、地元の社会人チームTDKに進む。社会人でも1年目から投げられるのではないかと思うが、3年間で速球を150キロを超える所まで伸ばしてくれば、ドラフト上位で指名される可能性も秘める。山岡泰輔投手のように成長をしてほしい。

TDKのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年度-高校生-秋田県のドラフト候補リスト

大曲工との決勝戦は5回までわずか1失点に抑えたが、6回に打球が右足を直撃。軸足で踏ん張ることができず、制球を乱した8回に4安打を浴び、まさかの5失点。逆転負けを喫し、自身2度目の甲子園を逃した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント