オリックスドラフト6位、日本生命の阿部翔太投手は敗戦投手もまずまずの好投

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

オリックスがドラフト6位で指名した28歳の日本生命・阿部翔太投手が登板したものの、2点タイムリーをヒットを許して敗戦投手となった。それでも登板直後のピンチを抑えるとその後2イニングはしっかりと抑えた。

スポンサーリンク

悔しさを持って

150キロ右腕の阿部翔太投手、大学からチームに入り、6年目となる28歳の右腕は、これまでも都市対抗、日本選手権で先発、リリーフに好投を見せてきた。そして、そんな阿部投手に今年、サプライズのドラフト指名が待っていた。

指名後のお披露目となったこの日、4回2アウト2、3塁という厳しい場面で登板をしたが、最速147キロのストレートで三振を奪い、このピンチを抑えた。その後、5回、6回も無失点に抑え、流れを掴んだチームは7回に同点に追いついた。

しかしその7回裏、1アウト2塁から149キロのストレートを叩かれタイムリー3ベースヒット。さらに続くバッターに初球の変化球を狙われてライト前タイムリーヒットで2点を勝ち越され、チームを勝利に導けなかった。

「追いついてもらったので粘ろうと思っていたが粘りきれなかった。ピンチの場面では球数を使ってボール球や厳しい球で入れば良かった。本当に悔しい」と話した。

阿部選手が入団した2015年、日本生命は都市対抗と日本選手権で優勝という二冠を達成した。しかし、その年にはまだ戦力となれておらず、その後、両大会での優勝はできていない。それでも6年間でチームに貢献を積み重ねた。阿部投手は「メンタル面など技術以外の部分が成長できた」と話す。

堂々とプロに進み、そして社会人野球の選手たちの希望の星として、プロで輝かしい活躍をして、後に続く選手を導いていって欲しい。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
2021年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
オリックス6位の日本生命・阿部「悔しい」初戦敗退 - アマ野球 : 日刊スポーツ
思わぬ落とし穴が待っていた。オリックスにドラフト6位で指名された日本生命の最速151キロ右腕・阿部翔太投手(28=成美大)が好救援で同点を呼び込んだ。しかし直… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
オリックス6位指名の日本生命・阿部 “無念”敗戦投手 2回2/3を4安打2失点 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 オリックスにドラフト6位指名された日本生命の阿部は4回途中から2番手で登板し2回2/3を4安打2失点で敗戦投手となった。3―3の7回1死二塁、前田に「予選が終わってから投げ始めた」という新球スプリットを右中間へ運ばれた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント