鷺宮製作所・小孫竜二投手、西濃運輸・船迫大雅投手が好投、プロ入りに向けて

社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

社会人野球だと、高校卒3年目、大学卒2年目のドラフト指名解禁年を過ぎると、途端に注目度が低くなっていくことは少なくない。しかし、今年は東芝の吉村貢司郎投手や鷺宮製作所の小孫竜二投手など大学卒3年目、また、昨年に一気に球速が上がった大学卒4年目になる西濃運輸の船迫大雅投手に注目している。

スポンサーリンク

社会人野球屈指の右腕

東京スポニチ大会の開幕戦、明治神宮球場に比べるとやや注目度の低い岩槻川通球場の開幕カード、JR東日本東北vs鷺宮製作所の試合だったが、スタンドには複数球団のスカウトが姿を見せた。

その試合で先発した小孫竜二投手は、ストレートはまだ寒いこの時期ということもあったが常時140キロ前後を記録し、最速は146キロ、5回を投げて2安打7奪三振無失点と、非常に安定した投球を見せた。

カーブ、スライダーなどが低めにまとまり、抑え気味だったストレートも、ピンチを迎えると140キロ中盤に上がってくる。緩い変化球を使うイニング、また、ランナーがいない場面ではクイックや二段モーションをするなど、まさに変幻自在だった。

遊学館高校で、146キロを投げるエースとして注目され、創価大では155キロを記録し、安定した投球をしていた。しかし大学ではドラフト指名漏れとなった。創価大で同学年だった望月大希投手や杉山晃基投手がプロ入りし、遊学館で同学年の控え投手だった石森大誠投手もプロ入りしている。

悪い言い方になるが、取り残された大物投手という感じで、色々焦りもあるだろうし、工夫もしたくなる。また、現時点でプロ入りという思いがどれだけあるのかはわからないが、実力は十分ある。堂々と正攻法で1年間を投げてほしい。

6回9奪三振

西濃運輸の船迫大雅投手は大学卒4年目となる。多くは大学卒4年目になると、あまり注目されなくなってしまう傾向にあるが、船迫投手は今年も注目したくなる事情がある。

東日本国際大でリーグ通算34勝という途轍もない勝利数を挙げた投手だったが、粟津凱士投手がプロ入りする中で指名漏れとなった。スリークォーターからの140キロ前半の球と指にかかった変化球で勝てる投手で、西濃運輸でもチームのエース格として投げていた。

しかし、昨年夏から秋にかけて一気に球速が増す。最速が150キロに到達し、都市対抗でも140キロ後半を連発した。大会がドラフト会議後だったこともあり、指名はなかったが、あの球を見たスカウトは、今年注目していると思う。

この日はセガサミーを相手に3回までノーヒット6奪三振、4回に大谷拓海選手に2ランホームランを浴びたものの、6回にはピンチで大谷選手に気迫の投球を見せて三振に斬ってとった。船迫投手の意地を見た。

このイニングでお役御免となり、6回3安打9奪三振2失点、球速は142キロだったが、指にかかる独特のストレートは威力を見せた。

できれば、昨年の都市対抗本戦のような投球を、この夏までに見せ、秋の評価を待ちたいところだ。

2022年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント