東京六大学の秋季の日程が決まる、明大・岡大海選手、慶大・白村明弘投手、法大・河合完治選手が最後の戦いへ

大学野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 東京六大学の秋季リーグの日程が決定し、9月14日に明大vs東大、立大vs慶大のカードで開幕します。

 高校野球でも2年生投手vs3年生スラッガーの構図となっていますが、東京六大学も下級生投手vs4年生野手という構図となりそうです。明大は岡大海選手が大学最後のシーズンを迎えます。投げては153km/hを記録、打ってもホームランを放つなど素質の高い選手ですが、日米野球で死球を受けた後にヘルメットを叩きつけ警告試合にしてしまう、また外野では強肩を見せようとホームへ大暴投をして結局ファーストを守るなど、高い素質がありながら評価が割れる選手です。この選手をプロがどのように評価するのかが楽しみなのですが、最後のシーズン、有終の美を飾りたいところでしょう。

 法大は河合完治選手、大城戸匠理選手、西浦直亨選手の4年生コンビが春は大活躍を見せました。しかし首位を独走していたものの最後の直接対決に敗れて優勝を逃し悔しい経験をしました。日米大学野球でも抜群の打撃を見せた河合完治選手はドラフト上位候補、最後のシーズンに秋連覇を成し遂げてプロ入りしたいでしょう。

 投手では明大・関谷亮太投手が春にブレークし、日米野球でもエースとして活躍しました。3年生までは目立った活躍ができずに既にトヨタ自動車から内定を受けプロ入りはしない方針を示していますが、秋も活躍すればプロが黙っていないでしょう。プロ志望届けを提出するかどうかに、秋の活躍と共に注目です。

 そして慶大・白村明弘投手、昨年秋に素質が開花し4勝を挙げた187cmから153km/hの速球を投げる投手ですが、春は速くても打たれ、自滅する形でチームの信頼を失ってしまいました。巨人などは素質を高く評価しておりまだプロは注目しているものの、慶大のエースをドラフト中位や下位で指名する事は考えにくく、この秋の登板で上位指名される活躍をしなければ目標のプロ入りはできないかもしれません。本人はプロ入りの希望が強いので、その思いを秋にぶつけて欲しいところです。最後にチームメイトに信頼されるエースとしての活躍を期待したいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント