日大・戸根千明投手に7球団スカウト視察、巨人は5人態勢

大学野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 東都リーグ2部の3戦目が神宮球場で行われ、日本大と専修大が試合を行った。日大の左腕・戸根千明投手の視察に7球団のスカウトが訪れ、巨人は山下スカウト部長以下5人で視察を行った。

15kg増やし147km/hに

 戸根千明投手は173cm90kgの左のサイドスロー投手で、最速147km/hを投げる。石見智翠館高校でも1年時から注目されており、2年秋の島根大会では4試合で49奪三振を記録し決勝まで勝ち上がっていた。

 大学入学時には173cm75kgと小柄な投手で最速は140km/hだったが、「プロに入るつもりで4年間やってきた」と3年間で体重を15kg増やし、現在では147km/hを記録する。昨年秋は防御率1.72で、2部リーグながら1位となっている。

 この日も最速146km/hを記録しスライダー、カットボール、チェンジアップなどを織り交ぜて8回までは無失点、9回に2人のランナーを許したところで交代し後続の投手が打たれて2失点となったが、7安打6奪三振2失点と粘り強さを見せた。

「粘り強く投げるというスタイルを、もっと追求したい」と話し、高校時代に1試合で二桁奪三振を記録するスタイルとは変わっているようだ。

 

巨人のスカウトが絶賛

 この日は戸根千明投手の視察に巨人、東京ヤクルトなど7球団のスカウトが集まり、巨人は山下スカウト部長など5人態勢で視察を行った。山下スカウト部長は「腕の振りがよく球威がある。秋までじっくり見ていきたい」と話し、また「ワンポイントなら即戦力」と即戦力評価もしている。

 

東都2部

 東都リーグ2部は昨年のドラフト会議で、立正大の吉田裕太捕手が千葉ロッテにドラフト2位指名されると、東農大・陽川尚将選手が阪神にドラフト3位指名、国士舘大の岩崎優投手が同じく阪神のドラフト6位で指名されている。育成ドラフトで巨人に指名された日大の青山誠選手も含めて4人が指名され、1部の3人(東京ヤクルトのドラフト1位:国学院大・杉浦稔大投手、広島のドラフト2位:亜大・九里亜蓮投手、横浜DeNAのドラフト3位・亜大・嶺井博希捕手)を上回る逆転現象もおきている。

 また岩崎優投手がセリーグで先発ローテ入りし1勝を挙げており、吉田裕太選手もスタメンマスクを被るなど、既に活躍も見せている。

 しかし、昨年までは神宮第二球場などで行われていた試合が、今年からは各大学のグラウンドで行われるようになり、3回戦にもつれ込んだ時だけ、神宮球場が使える場合は神宮球場で、使えない場合は東京・町田の小野路球場で行われる。この日は、たまたま日大vs専大の対戦が3回戦までもつれ込み、東京六大学が早大、明大が2勝して月曜日にもつれ込まなかったため神宮球場で試合が行われたので、スカウトが集まったという事もあるかもしれない。

 戸根投手以外にも国士舘大の池原有投手や倉田泰明投手、専修大の池田駿投手は角田皆斗投手、さらに東洋大や東京農業大、立正大と逸材が揃うチームが揃う東都2部、プロのスカウトの目に留まる機会は昨年からは減る可能性はあるが、戸根投手のように数少ない機会でスカウトにアピールして、プロでは1部チームの選手以上に活躍を見せて欲しい。

 

 173センチ、90キロの巨体で、サイドから重いボールを投げ込む姿は迫力十分だ。9回無死一、二塁で降板、後続が打たれ2失点を喫した左腕は「気持ちの緩みがあった。ふがいない」と唇をかんだが、5人で視察した巨人の山下スカウト部長は「腕の振りがよく、球威がある。秋までじっくり見ていきたい」と評価した。

 メジャー流の肉体改造が成功した。入学当初は体重75キロ。「クレメンス(元ヤンキース)やダルビッシュ投手を参考に、けがしない体を作りました」。日本人の父とフィリピン人の母との間に生まれ、ウエートトレと1日8食の“食トレ”で15キロ増量。自己最速は140キロ前後から147キロまで伸びた。「プロに入るつもりで4年間やってきた。粘り強く投げるというスタイルを、もっと追求したい」。目標へ向け、どこまでもどん欲だった。

 東都大学野球2部リーグ第2週第3日が14日、神宮球場で2試合が行われ、日大-専大3回戦にヤクルト、巨人など国内7球団のスカウトが視察していた。

 2部視察としては異例の数で、注目されていたのは、身長1メートル73、体重90キロの巨漢ながら最速147キロのストレートが持ち味の日大のエース左腕・戸根千明投手(4年)。父親が日本人で母親がフィリピン人で、瞬発力と体の柔軟性にすぐれている。この日、先発しストレートは最速146キロで、スライダー、カットボール、チェンジアップをまじえ8回1/3を7安打4四球6三振2失点に抑え、勝利投手となった。チームは7-2で2勝1敗とし、勝ち点1を挙げた。

 巨人など7球団が視察する中、最速146キロを計時。9回の失点に「ふがいない」と反省したが、日程の関係で普段使わない神宮での一戦に「楽しかった」と笑顔を見せた。石見智翠館(旧江の川)出身でフィリピン人の母を持つ。1メートル75ながら体重は入学時から15キロ増の90キロ。巨人・山下スカウト部長は「ワンポイントなら即戦力」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. 有原加藤山崎石田島袋伊藤田中田嶋高木飯塚中村
    安楽栗原清水森小野田江越桑原多木
    岡本浅間高濱石川伊藤諒中村井上

  2. 有原君と戸根君へ他球団に交渉権得ても断り続けて巨人一心に行きますと伝言して下さい有原君も巨人一心ですと山下や原監督にお伝えし他球団に取られる前に即巨人に入団して下さい