富山商・森田駿哉投手が法政大寮に入寮、4年後のプロ入り目指す

法政大, 森田駿哉

 昨年夏の甲子園で大会NO1左腕と評価された富山商の森田駿哉投手が、法政大の寮に入寮した。150km/hとプロ入りを目標とした。

昨夏の高校NO1左腕

 森田駿哉投手は昨年夏の甲子園で、初戦の日大鶴ケ丘戦で6安打8奪三振で完封勝利、2回戦の関西戦でも4安打11奪三振で1失点完投で勝利した。3回戦で日本文理に敗れたものの、140km/hを越すストレートと鋭いスライダー、カーブを投げ、大会NO1左腕と評価された。

 その活躍で18U侍ジャパンメンバー入りすると、18Uアジア野球選手権ではエースとして活躍、決勝の韓国戦では1-2で敗れ準優勝となったが、森田投手は先発をして8回1/3を投げて2安打7奪三振の好投を見せた。インコースにも強気の投球を見せた。

 プロ志望届けを提出すればドラフト上位で、1位の可能性も無くは無かったが、夏の甲子園でストレートでは抑えられないと感じ、「自分の実力では通用しない」と判断して進学を決めた。

 

プロ入りと150km/h

 森田投手はこの日、法政大の寮に入ると、高橋光成投手や岡本和真選手がプロ野球のキャンプで注目される姿を見て、「僕も150km/hは目指してプロに行きたい」と4年後のプロ野球への意気込みを語った。

 チームは昨年は春・秋ともに5位と低迷したが、若い青木監督が就任した。青木監督は森田投手について、「極論を言えば、状態が良ければあるんじゃないか」とリーグ戦開幕戦投手の考えもある事を示した。

 法政大は石田健大投手が卒業し、左のエース候補に森田投手は上がってくるとみられる。1戦目の先発もまだハッキリしていない状況で、早いうちから登板があるかもしれない。ただし4年の頃には消耗してしまっているような姿は見たくない。まだまだ成長できる投手だと思う。成長を意識して4年間を過ごしてほしい。

 

田嶋大樹投手と競争

 昨年の高校生で注目左腕投手では、佐野日大・田嶋大樹投手もセンバツでベスト4入りして大会NO1左腕と評価された。

 春・夏の左の注目投手が揃ってプロ入りせず、田嶋投手は社会人のJR東日本に進む。田嶋投手は3年でドラフト候補となるが、田嶋投手、森田投手がそれぞれの道でどんな成長を遂げるか、比べながら見てみたい。

法政大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 昨夏は高校日本代表に入り、9月の18Uアジア野球選手権(タイ・バンコク)で高橋光成(現西武)と2本柱として準優勝。プロからの注目も集めたが「自分の実力ではまだ通用しない」と判断し、進学を選んだ。東京六大学については「昔からテレビでやっている大学野球は六大学だけだった。お客さんがたくさん入るし、応援もすごい。夢みたいだったものが現実になる。少しでも早く神宮のマウンドに立ちたい」と思いを高ぶらせた。


PAGE TOP