法政大1年生・森田駿哉投手が登板、2回3安打1失点

川名健太郎, 熊谷拓也, 法政大, 森田駿哉

東京六大学と社会人の対抗戦、法政大は東芝と対戦し6-5で勝利した。法政大の注目のルーキー・森田駿哉投手が2番手で登板すると、2回3安打1失点で反省も見せた。

高校日本代表のエースが大学デビュー

 森田駿哉投手は183cmの左腕で、昨年まで富山商のエースとして146km/hの速球を投げ、昨年夏の甲子園でも日大鶴ケ丘を完封、2回戦の関西高も4安打11奪三振1失点で完投するなど好投すると、侍ジャパン18U日本代表として、アジア選手権では韓国戦で8回1/3を2安打7奪三振2失点と好投を見せた。

 ドラフト1位候補の可能性もあった左腕がこの日、大学生として3回から雨の中で神宮のマウンドを踏むと、3回は無失点に抑えたものの4回にタイムリーヒットを浴びて1失点、2回を投げて3安打2四死球で1失点、三振0という内容だった。

 森田投手は「感覚は悪くなかったけど、天候もあって制球が乱れた。本番もあると思うのでしっかりやりたい」と話した。今シーズンをしっかりと見据えているようだ。

 

軸は川名投手か

 法政大は昨年まで石田健大投手というエースがいたが、今年は誰がエースとして投げるのか不安視もされていた。しかしオープン戦やこの日も191cmの4年生・川名健太郎投手が登板し、エースに指名されたようだ。

 川名投手はこの日も2回を投げて1安打3奪三振で無失点と結果を残し、1戦目の先発当確といったところか。また3番手で登板した2年生の熊谷拓也投手も2回を無失点に抑えた。

 昨年まで2番手の先発を任されていた3年生の玉熊将一投手は調子が良くないのか、この日も9回に登板して1回で4安打3失点と苦しい結果となった。

法政大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2018年度-大学生のドラフト候補リスト

 3回から2番手で登板し、2イニングを3安打1失点。「中継ぎは1球目から勝負。集中して入れた」と納得の表情。


PAGE TOP