JR東日本・田嶋大樹vs早稲田大・小島和哉

JR東日本, 小島和哉, 田嶋大樹, 早稲田大

 昨年の高校野球で左腕投手のトップを走ったのが、佐野日大の田嶋大樹投手と浦和学院の小島和哉投手、小島投手は2年生の春にセンバツで優勝、田嶋大樹投手は3年生の春にベスト4。共に関東の強豪チームにいたが直接対決は見られなった。その二人が、社会人と大学に進み初の対戦となった。

 JR東日本vs早稲田大の東京六大学と社会人の対抗戦、共にルーキーとして期待される左腕が登板した。しかし小島投手は5回から2イニング、田嶋投手は9回1イニングと入れ違いではあったが、共に注目された左腕として意識はしただろう。

 

小島和哉投手、145km/h

 先に投げた小島和哉投手は5回は2者連続奪三振で好投を見せる。高校時代は135km/h前後でも面白いように空振りが奪えたストレートが、141km/h、142km/hと常時140km/h前後を記録し、社会人を相手に空振りを奪う。6回は2アウトから四球などで1,2塁のピンチにしたが、最後は142km/hのストレートで空振り三振を奪った。

 2回1安打4奪三振で無失点、自己最速となる145km/hも記録、小島投手は1段階ステップを上がった投球を見せた。「結構緊張しました。」と話した小島和哉投手、高橋監督も「リーグ戦で短いイニングはあるかもしれない」と話し、大学でも早いうちから結果を残しそうだ。4年間を成長を続けて乗り切ってほしい。

 

田嶋大樹投手、147km/hも

 一方、田嶋大樹投手はこの日は9回に登板、最速147km/hを記録したものの、2つの四死球でランナーを許し早稲田大の4番に座った丸子達也選手に3ランホームランを浴びて1回1安打2四死球で3失点という内容だった。それでも三振も2つ奪い同学年の左腕に意地も見せている。

 田嶋投手は3月に行われたスポニチ大会でも先発し、5回3安打7奪三振で無失点、それ以外の横浜DeNAとの交流戦や練習試合でも失点はしておらず、「社会人に入ってから、失点するのは初めて。リリーフで気持ちの入り方が難しかったし、自分の未熟さを感じた」と話した。

 3年間でドラフト解禁となる田嶋投手は、おそらく小島投手から一足先にプロ入りする事になる。プロでは前橋育英出身の高橋光成投手が大ブレークの可能性を示している。ライバルの左腕、そして北関東で注目された3人は、プロ、大学、社会人のそれぞれの道でどんな成長を見せ、そしていつ対戦が実現するのか、興味は尽きない。

2017年度-社会人のドラフト候補リスト

2018年度-大学生のドラフト候補リスト

 

 社会人・東京六大学対抗戦最終日(6日、神宮)2013年センバツで優勝した浦和学院高のエース左腕で1年生の小島(おじま)が、JR東日本戦の五回から登板。自己最速を2キロ更新する145キロの直球を中心に2回1安打4奪三振で無失点の好投。「緊張した。セットポジションはまだ不安定」と課題を挙げたが、高橋監督は「リーグ戦で短いイニングはあるかもしれない」と評価した。

 社会人相手の対抗戦に2番手で登板。2回を1安打1四球無失点、4三振を奪った。5回からマウンドに上がると、先頭打者を141キロ直球で見逃し三振。続く打者は142キロ直球で空振り三振に仕留めた。

 3月に高校時代の自己最速を一気に3キロも更新する148キロをたたき出し、この日も147キロをマークした。「球速への手応えはある。でも、スピードが出ると球が浮くことが多いので、球速についていけるような投球フォームとコントロールを身につけていきたい」。目標に掲げる都市対抗制覇へ、さらなる高みを見据えた。


PAGE TOP