立命大・坂本裕哉投手が4勝目、8球団視察し阪神「これからもっと注目集める」

立命館大, 近畿大, 坂本裕哉, 村西良太

関西学生リーグでは立命大vs近大の3回戦が行われ、再び、立命大・坂本裕哉投手と近大・村西良太投手のドラフト候補対決となった。

坂本投手が4勝目

プロ注目投手同士の投げ合いは立命大・坂本裕哉投手に軍配が上がった。この日は初回、近大でリーグ通算100安打を達成した1番・竹村陸選手にヒットを許し、1アウト2塁のピンチを迎えたものの、近大の誇るクリンナップで今年のドラフト候補・谷川刀麻選手と、来年のドラフトの目玉候補・佐藤輝明選手を内野ゴロに仕留めた。

2回から6回までは三者凡退を続け、8回まで0を並べた。そして9回、7-0と点差が開いたこともあり、150キロを「狙いに行った」と、谷川選手に対して速球勝負を挑んで147キロを記録したものの、逆にセンターオーバーのホームランを浴びて完封を逃し、「一番ダサい結果になってしまいました」と話したが、9回を投げて4安打2奪三振で無四球、堂々の完投勝利に、「近大のことを考えて冬に練習してきた。ここが天王山だったので良かった」と笑顔で話した。

対する村西投手は初回に2失点すると4回にも2点を失い、4回を投げて5安打6奪三振4失点で降板した。これで坂本vs村西は1回戦に続き坂本投手に軍配が上がった。

プロの注目度も増す

この日は阪神、巨人など8球団のスカウトが視察に訪れた。阪神の熊野スカウトは1回戦から視察をしているが、「今日の方が良かった。キレもあるしコントロールも良くて一皮むけたんじゃないか」と話し、「コースに確実に投げ分けられている。投げるごとに調子を上げて来ているし、これからもっと注目を集める選手になる」と話した。

坂本投手はオープン戦で1度見ているが、その時は技巧派投手だが球速もそこそこで社会人でさらにストレートを磨いてから、という印象だった。しかし、春のリーグ戦での球を見ていると力強さは増しているし、センターのカメラの映像だと、変化球の動きも多彩で楽しみな投手に見える。

これで立命館大が優勝に一歩近づいた。これから大学野球選手権で登板する事になれば、熊野スカウトが言うように「もっと注目を集める選手」になりそうだ。

2019年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
2019年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト

スタンドでは阪神、巨人など8球団のスカウトが試合を見守った。投げ合いを制した坂本の評価は上がる一方だ。阪神・熊野スカウトは「コースに確実に投げ分けられている。投げるごとに調子を上げて来ているし、これからもっと注目を集める選手になる」と言う。

この日は阪神や巨人らプロ8球団のスカウトが視察した中、最速147キロを記録した直球に変化球を巧みに交えた。阪神・熊野スカウトは5日の投球と比べ「今日の方が良かった。キレもあるしコントロールも良くて一皮むけたんじゃないか」と高く評価した。

完封勝利のかかった九回には失策も絡んで1点を失うと、2死から迎えた近大・谷川刀麻外野手(4年・星稜)に対しては「点差もあって、1点取られたので、最後は(目標の150キロを)狙ったんですけど」と全力勝負を挑み、2球目でこの日最速の147キロを記録。ただ、続く3球目をバックスクリーン右へと運ばれた。

 「(150キロも)出なくてしかもホームランで。一番ダサい結果で。力不足ですね」と苦笑いを浮かべたが「近大に勝てたことが良かった」と勝利が何より重要なもの。

巨人、阪神などプロ8球団のスカウトが視察し、自己最速まであと1キロに迫る147キロをマーク。2日前に続いて、同じく今秋ドラフト候補の近大の最速152キロ右腕・村西良太(4年)と投げ合った。5安打で完封した5日の1戦目に続いて近大をねじ伏せた。「ここが天王山だったのでよかった。近大のことを考えて冬に練習してきた。取り組みが報われた。最高の結果が出たのでうれしい」と、顔をほころばせた。


PAGE TOP