名古屋大・松田亘哲投手が16K、阪神など7球団が視察

名古屋大, 松田亘哲

愛知リーグ3部の名古屋大vs名古屋外大との試合に、7球団のスカウトが集まり、名古屋大の148キロ左腕・松田亘哲投手の視察をした。

16奪三振

3部リーグでは相手はいない。この日先発した名古屋大のエース・松田亘哲投手は、最速148キロの速球を投げる左腕投手で、この日も145キロのストレートと鋭いスライダーで16個の三振を奪い、1失点完投勝利を挙げた。「キレで差し込むことを意識して投げました。右打者への外の直球が良かったです」と話した。

松田選手は高校まではバレーをしており、硬式野球は大学に入ってから。しかし、野球の魅力にハマり、62kgだった体重は、1日5食の食事トレーニングで80kg台にすると、ストレートも148キロまで伸ばした。

この日は7球団のスカウトが視察し、阪神の筒井スカウトは「スピンの利いた真っすぐ。他にいないタイプ」とその特徴について評価をした。

貴重な左腕投手で成長株、また名古屋大という名前もあり、ドラフト会議での指名が注目される。

2019年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
名古屋大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

名大左腕に7球団注目 スポーツニッポン紙面 2019/9/1

 


PAGE TOP