中央大、五十幡亮汰選手2盗塁&代表4番・牧秀悟選手2打点で勝利

中央大, 五十幡亮汰, 牧秀悟

中央大は来年のドラフト候補・五十幡亮汰選手が足を見せ、牧秀悟選手が2打点の活躍を見せた。

俊足

五十幡亮汰選手は中学時代に陸上で100m、200mで日本一になった身体能力があり、また強肩も持つ外野手として注目されている。しかし、これまで1シーズンの盗塁数は最多で3と盗塁の技術はまだまだ、「なかなかスタートが切れなかった」と話す。

しかしこの日は初回に二盗を決めると、5回にも四球で出塁し、2球目にスタートを切ってセーフとなり、2盗塁を決めた。相手の亜細亜大バッテリーも盗塁を読み、投球を外しての送球だったが、50m5.6秒の足がそれを上回り、盗塁の成否の目安となる3秒2を切る3秒11のスピードでセカンドベースに滑り込んだ。

陸上界からも大きな期待をされ誘われていたが、亡くなった母親が、野球をする五十幡選手を応援していた事から野球への道を進み、いよいよ来年はドラフト候補になる。盗塁の技術も磨き、来年の注目につながる活躍をこの秋に見せたい。

4番

また中央大は、侍ジャパン大学代表で3年生ながら4番を打ち、日米大学野球の優勝に貢献した牧秀悟選手選手も来年のドラフト有力選手。この日は初回に五十幡選手をホームに還すタイムリー2ベースヒットを打つなど2打点を挙げた。「代表で良い経験をさせてもらった。4番で使ってくださった監督への恩返しです」と、対戦相手で代表監督だった生田監督の目の前で活躍を見せた。

2番に五十幡選手がいて、4番に牧選手がいる。五十幡選手が出て走り、牧選手が還す。この打線は、二人が成長していくにつれ、対戦相手にとってどんどん脅威となっていく。来年のドラフト候補としてその成長をしっかりと見て行きたい。

中央大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2020年度-大学生のドラフト候補リスト

手動計測で50メートル5秒6、機械では5秒8。俊足ではない。超俊足だ。何しろ、中学時代に陸上の全国大会に出場し、100メートル走と200メートル走でサニブラウン・ハキームを破り、優勝したほど。ただ、1シーズンの盗塁数は、ここまで3が最多。「なかなかスタートが切れなかった」からだ。

中大が9年ぶりに亜大から勝ち点を奪った。今夏日米大学選手権で日本代表の4番を務めた牧が、初回に先制の中越え適時二塁打。「代表で良い経験をさせてもらった。4番で使ってくださった(代表の亜大・生田勉)監督への恩返しです」と振り返った。


PAGE TOP