法政大新入部の140キロ後半投げる小森勇凜投手・菅井颯投手などが練習に合流

2027年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

法政大の新入生が練習に参加し、149キロの速球を投げる土浦日大の小森勇凛投手や、147キロの日大山形・菅井颯投手などが取材を受けた。

スポンサーリンク

エースに

小森勇凛投手投手は最速149キロの速球を投げる投手で、土浦日大では昨年春の関東大会で霞ヶ浦の木村優人投手(千葉ロッテ3位)と投げ合いで注目された。夏は本調子ではなかったものの、出場した甲子園の2回戦・九州国際大付戦で先発し、5回1安打無失点とその力を見せた。

「夢の舞台で投げられたことは財産。」と話す小森投手は「今後プロに進んで、また甲子園で投げられたらと思っています。まずは大学日本一を取れるように頑張っていきたい」と話し、将来のプロ入りと大学日本一を誓った。

菅井颯投手は足を高く挙げる佐々木朗希投手に似たフォームが特徴で、最速147キロの速球を投げプロも注目した。甲子園ではおかやま山陽戦で6回途中12安打8失点と結果を出せず、「初戦で負けた悔しさは今でも生きています。貴重な経験ができました」と話し、「甲子園で投げて負けてから、大学でも野球を続けようと思いました」と進学を決断した。

大学では佐々木朗希投手似のフォームは一旦封印する。「夏の大会を通じて投げる中で、足をつったりして。あれで投げる体力がまだ自分にはないので。佐々木投手はしっかりまっすぐにきれいに立って、位置エネルギーを生かして、その流れがすごいです」と話し、体が出来上がってからまた挑戦する。

他にも花巻東出身の熊谷陸選手も夏の甲子園で佐々木麟太郎選手と共にプレーした内野手で、大学での練習について「素晴らしい環境の中で、とても充実した練習ができています。六大学を代表する選手になれるように、ベストナインを取れるように頑張りたい」と話した。

また、石見智翠館出身の今泉秀悟捕手は、兄が昨年に法政大の主将だった今泉颯太選手(トヨタ自動車)で、「広角に力強い打球を打てるところが自分の持ち味。4月から始まるリーグ戦で1年生から戦力になれるように頑張りたい」と決意を示した。

他にも150キロを記録している健大高崎の小玉湧斗投手や広陵の左腕・倉重聡投手、大阪桐蔭で注目された遊撃手の小川大地選手、シャープなスイングで注目された三重の野田泰市選手などが入部する。毎年素晴らしい選手が加わる法政大が、優勝から遠ざかっているというのは信じられないと思えるほど、明治大や慶応大など東京六大学のレベルの高さを感じさせるが、4年間で何度リーグを制することができるか、注目したい。

法政大が2024年入学の合格選手発表、日大山形・菅井颯投手、土浦日大・小森勇凛投手、健大高崎・小玉湧斗投手など14人
法政大は2024年に野球部に入部する選手を発表した。
【大学野球】法大に甲子園組の149キロ右腕が入部 目標はオリックスの山崎颯一郎「顔も似ていると…」 : スポーツ報知
 東京六大学野球リーグの名門・法大の新入生がこのほど練習に合流。8日、川崎市内の同大グラウンドで取材に応じた。昨夏の甲子園で土浦日大(茨城)の4強入りに貢献した最速149キロ右腕・小森勇凜と、日大山形
法大の新1年生、日大山形・菅井颯が朗希フォーム封印「いっぱい食べて、体を太くしていきたい」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東京6大学リーグの法大が8日、練習を公開した。4月に入学予定の新1年生も合流しており、日大山形・菅井颯投手(3年)も汗を流している。184センチの長身から最速… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【大学野球】法大に「前主将の弟」が入部 1年生で甲子園サヨナラ打の逸材「戦力になれるように」 : スポーツ報知
 東京六大学野球リーグ・法大の新入生がこのほど練習に合流。8日、川崎市内の同大グラウンドで取材に応じた。花巻東(岩手)の「2番・遊撃」として昨夏の甲子園で8強入りした熊谷陸内野手と、石見智翠館(島根)
法大の新入部予定者が抱負 花巻東・熊谷陸「(佐々木)麟太郎から『六大学でいいところを見せてほしい』といわれた」/東京六大学
法大(東京六大学)に新入部予定の熊谷陸内野手(花巻東高)が8日、川崎市のグラウンドで練習後に取材対応し、「同級生の(佐々木)麟太郎に『レベルの高い六大学でいいと…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント