関学大・萩原圭悟選手がリーグ100安打を達成!プロ志望へ

大学野球ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 関西学生野球リーグでは関学大vs立命大戦で関学大の4番・萩原圭悟選手がリーグ通算100安打を記録した。萩原選手は2008年の夏の甲子園で大阪桐蔭の4番として3試合連続ホームランを放つなど活躍を見せた。あれから4年、母校が春夏連覇を達成した同じ夏に大記録を達成した。

 萩原選手はプロ志望をしており、プロ志望届けを提出する見込み。プロも打撃センスを評価しているが具体的なコメントなどは出ておらず指名は微妙な状況。しかしプロは長打力のある選手を探しているだけに、この秋の活躍でプロを掴み取るかもしれない。

関学大・萩原が通算100安打/関西学生 - サンケイスポーツ:2012/09/03

 関西学生野球秋季リーグ第1週第2日(関学大3-2立命大、2日、わかさ)リーグ26人目の通算100安打を記録した関学大の萩原は「入学した時からの目標だったので、1年生から使ってくださった監督さんに感謝しています」と話した。

 

 「1本でも近づきたい」という目標は、大学の先輩、田口が持つリーグ記録の123安打。「チームの勝利にも、自分の記録にもこだわり、優勝して最後を飾りたい」。主将で4番の顔が引き締まった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント