146キロ左腕・小原大樹投手が徳島インディゴソックスに入団

2020年ドラフトニュース 独立リーグドラフトニュース

昨年までで日本製紙石巻を退部し、アメリカの野球に挑戦をしていた小原大樹投手が、四国アイランドリーグプラスの徳島インディゴソックスに入団した。

スポンサーリンク

目標はNPB入り

小原大樹投手は、花巻東時代に大谷翔平投手と同学年の投手として、大谷投手が成長に伴う体の痛みなどで投げられない事が多い時に、エースとして甲子園でも好投を見せた。

慶応大に進むと、最速146キロを記録したものの、制球とテクニカルな左腕として4年間で24試合に登板し、4年時は先発として春・秋合わせて2勝3敗の成績を残した。

その後、日本製紙石巻に進み2017年から2019年まで3年間プレーしたが、さらに上を目指すため昨年末に退社し、この春はアメリカに渡り、ダイヤモンドバックスなど3球団の入団テストを受けた。不合格となったものの、アメリカの独立リーグでプレーをしながら、メジャーへの挑戦を目指していたが、新型コロナウイルスの影響により挑戦ができなくなり、3月下旬に帰国していた。

小原投手は、この日、徳島インディゴソックス入りを発表した。「2週間ほど前から合流し一人暮らしで自炊生活を送っています。」と話し、「6月20日の開幕へ向けて準備を進めている段階です」と開幕を目指している。

チームでは、元プロの吉田篤史監督から指導を受け、トルネード気味のフォームに改良し、「角度がつき、リリースも隠せる。スライダーの曲がりも大きくなった」と手応えを見せている。

小原投手は「僕の中では今年が勝負。人生最後の覚悟でやりたい」と話す。リリーフとして結果を残し、できれば球速アップも期待する。夢をあきらめない姿勢を応援したい。

徳島インディゴソックスのドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント