DeNA、ドラフト6位指名の高田琢登投手が仮契約、背番号56は3位・松本隆之介投手と永遠のライバル

2020年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

横浜DeNAは、ドラフト6位で指名した静岡商・高田琢登投手と、契約金2500万円、年俸470万円で仮契約を交わした。背番号は56。

スポンサーリンク

永遠のライバル

高田琢登投手は最速148キロの速球を投げ、高校NO.1左腕との声も挙がるなど、今年のドラフトで注目されていた。

今年の高校生左腕の候補では、横浜高校の松本隆之介投手も注目されていた。その松本投手とは中学時に蒲原リトルシニアでプレーしていたときに対戦し敗れている。その時からずっと意識をしてきたライバルだった。松本投手は最速152キロを記録し、ドラフト会議ではDeNAが3位で指名、高田投手が6位での指名となったが、同じチームで運命の出会いとなる。

高校生卒で、同じ左腕の投手がいるのは心強い。またチームには今永投手を始め、濱口投手、東投手、石田投手など様々なタイプの左腕投手がおり、それぞれがお手本となる。お互いに高め合いながら成長して行ければ、きっと立派な左腕投手として成長するだろう。

まずは新人合同自主トレまでに77kgの体重を「あと5kg増やしたい」と話す。それに伴い球速も松本投手に追いつき、左腕王国をさらに充実させる投手になりたい。

【DeNA】ドラ6左腕の静岡商・高田琢登、背番号56に決定「茂野がアニメで付けていたイメージ」“MAJOR”級投手になる
 DeNAからドラフト6位で指名された静岡商・高田琢登投手(18)が28日、静岡市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金2500万円、年俸470万円(金額は推定)で仮契約した。野球漫画「MAJOR」の主人
DeNAドラ6・高田 「MAJOR吾郎」と同じ背番「56」に誇り「自分もまずは速球で勝負したい」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 DeNAにドラフト6位で指名された静岡商の高田が静岡市内のホテルで契約金2500万円、年俸470万円で仮契約。背番号は「56」に決まり「(人気野球アニメの)MAJORの吾郎と一緒だ」と印象を述べた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント