中日がドラフト3位・勝野昌慶投手に指名あいさつ、3年後輩の根尾選手に「負けたくない」

中日ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

中日は、社会人野球日本選手権で優勝をした三菱重工名古屋の勝野昌慶投手に、松永編成部長、米村チーフスカウトが指名あいさつを行った。

岐阜

社会人野球日本選手権で決勝まで勝ち進み、そして優勝をした三菱重工名古屋、勝野昌慶投手は準決勝で好投を見せ、決勝でもリリーフで優勝に大きく貢献した。その大会の終了を待って中日は指名あいさつを行い、今年指名した6人の中で一番最後の指名あいさつとなった。

その勝野投手も、ドラフト1位指名の根尾昂投手と同じく岐阜県出身で、土岐商時代に県岐阜商の高橋純平投手と比較されるほど注目されてていたが、「山の方にすごいのいるって、僕が高校時代から聞いたことがありました。実際に会ったことはないですが、中学時代の動画とかは当時から見てました」と話し、高山市に中学3年で146キロの速球を投げた根尾選手を知っていたという。

そして根尾選手は大阪桐蔭に進むと今年、春・夏の甲子園を連覇しドラフト1位で中日に入った。根尾選手はショート一本になるが、勝野選手は「負けたくない」と持ち前の勝気を見せた。プロでは「どこでも投げたい」と話し、先発、リリーフにこだわりはないと話した。担当の米村スカウトも「先発、リリーフのどちらでもやれる。6人の中では一番の即戦力。与田監督の期待にどういう状況でも応えられる」と話した。

名前の通り、社会人野球最後の大会で日本一になった勝野投手、プロでも日本一を獲れる投手になる。

2018年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

土岐市出身の勝野は、同じ岐阜県出身のドラフト1位の大阪桐蔭・根尾昂内野手(18)も意識。「山の方(高山市)にすごいのいるって、僕が高校時代から聞いたことがありました。実際に会ったことはないですが、中学時代の動画とかは当時から見てました」と話す。根尾は二刀流と決別して遊撃1本でプロ入りするが、それでも「負けたくない」と言い切った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント