中日1位は東海大甲府・高橋周平が有力!

高橋周平, 東海大甲府

中日が17日にスカウト会議を開き、中日の1位候補に東海大甲府・高橋周平選手が有力であることが日刊スポーツにより報じられた。

中日は春から夏の予選にかけて中田スカウト部長などが連日、東海大甲府の試合を視察しており、高橋周平選手の関心度の高さを示していた。

ベテランの森野(東海大相模出身)選手の後釜として高橋周平選手はタイプ的にも似ている。中田スカウト部長は「3年から4年という近い将来を見て長距離打者をとらないといけないというのはある」と説明したとされ、今日18日も続けてスカウト会議を行う予定とのこと。

高橋周平選手には東京ヤクルトが1位指名を決定、今の所2球団の重複となる可能性で、ペナントでも中日と東京ヤクルトが優勝争いを繰り広げているがドラフトでもバトルが繰り広げられている。ペナントでは中日がかなり開いたゲーム差を逆転しマジック1となっている。東京ヤクルトは今度こそ逆転されず高橋選手を獲得したいところだろう。

東京ヤクルトは外れ1位で近大・中後悠平投手や東京国際大・伊藤和雄投手、JR東日本・十亀剣投手など即戦力投手をリストアップしている模様、また中日は星稜・西川健太郎投手や、足立学園・吉本祥二投手、金沢・釜田佳直投手など高校生投手をリストアップしている模様。

  •  - ” target=”_blank”>全文は


  • PAGE TOP