愛工大名電・濱田達郎投手、2回ノーヒットピッチング!

愛工大名電, 濱田達郎

今年のドラフト会議で高校生の左腕投手として注目されている愛工大名電・濱田達郎投手が前橋育英との練習試合で6回から登板し、2回を投げてノーヒットに抑える好投を見せたと日刊スポーツが報じている。

球速は137km/hと球速はまだまだだったがそれでも力のあるストレートで3奪三振、1四球という内容、中日の中原スカウトも「制球力は昨秋よりもよくなっている」とコメントをしている。

濱田投手は昨秋に147kmのストレートで明治神宮大会で準優勝し、花巻東・大谷翔平投手、大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手と共に高校ビッグ3にも名前が入ってくる投手で、単独1位指名をしてくる球団もあるかもしれない。

  • 高校生左腕ドラフト候補一覧!
  • 愛工大名電浜田は137キロで2回0封3K - ニッカンスポーツ・コム:2012/03/11

    愛工大名電(愛知)のプロ注目左腕、浜田達郎投手(2年)が、21日開幕のセンバツに向け上々のスタートを切った。10日、刈谷球場で行われた前橋育英(群馬)戦で今季練習試合初登板。6回から2イニング無安打無失点に抑えた。最速は自己記録に10キロ及ばない137キロながら、3奪三振。「テーマはしっかり抑えることだったので、初戦としてはまあまあ」。打者に投げ始めたのは7日。「高校ビッグ3」と並び称される花巻東(岩手)の大谷翔平投手、大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手(ともに2年)に比べスロー調整だが、ピッチを上げていく。 ニュース元のニッカンスポーツ・コムのサイトもご覧ください


    PAGE TOP